筋肉をつけるとき女性がしてしまいがちな4つの間違いとは?

筋肉量を増やしたい女​​性は、一般的な間違いを避けるためにも正しい情報を学ぶことが大切です。今回は、いくつかの基本的な問題を学ぶことから始めます。
筋肉をつけるとき女性がしてしまいがちな4つの間違いとは?

最後の更新: 28 2月, 2021

筋肉を作ることを目標としている女性には、健康状態や個人的な身体イメージを改善するのに役立つ多くの選択肢があります。もちろんこれはポジティブな変化であり、日常生活の中で様々な行動をする際にも、スポーツでより良い成果を得るということにも、そのどちらにも影響を与えてくれるでしょう

筋肉を作る選択肢が数多くあるように、女性が間違う可能性のある問題もたくさんあります。筋肉構築の際に、どのような間違いが起こると思いますか?

このような間違いは、無意識に行なっている可能性もあるため、筋肉作りを始める前に、よくある間違いのいくつかを理解しておくことをお勧めします。今回ご紹介する問題のいくつかは、皆様がすでにご存知の情報かもしれません。

筋肉をつけるときに女性がしてしまいがちな間違いとは?

筋肉を構築するためにトレーニングを行なってる時の間違いは、さまざまな原因によって起こる可能性がありますが、特に、正確な情報の欠如、焦り、または間違ったアドバイスに従うことがその要因のいくつかである可能性があります。

ここからは、より良い成果を得るために変更や改善が必要になる最も一般的な間違いと習慣のいくつかをご紹介します。

1.ウエイトリフティング

ウエイトリフティングは、筋肉の構築に効果的だ、と反論する人もいるでしょう。それは正しいのですが、間違いもまたこの問題に起因しています。

筋肉を構築するときに女性がしてしまいやすい最も一般的な間違いの1つは、ウエイトリフティングに関する問題ですが、それは使用するウエイトの重さに関係があります。つまり、筋肉量を増やしたいのなら、自重を使った運動だけでなく、十分な重さのウェイトを持ち上げることが大切です。

しかし、フィットネス業界に昔から存在する、一つの間違った情報が様々な問題を引き起こしています。

その情報とは「重いウエイトをあげると、女性も男性と同じような筋肉が構築される」というものです。これは間違いに過ぎず事実ではないのですが、その間違った情報によりウェイトリフティングが人気を得たと考える人もいます。

ウエイトリフティング 筋肉をつけるとき女性がしてしまいがちな4つの間違いとは?

筋肉を作っていく過程で、テストステロンと呼ばれるホルモンが筋肉構築と大きな関係があります。そして男性には、女性よりもはるかに多くのテストステロンがあります。これは、男性が女性よりも早く簡単に筋肉を構築できる理由の一つです。つまり筋肉を構築するというプロセスは男性と女性では異なります。ウエイトを使った筋力トレーニングは大切ですが、男女同じではありません。

2.食生活の乱れ

筋肉を鍛えるときによくある間違いの一つは、食生活の改善を忘れているという点です。また、食事法は自分のトレーニングルーチンとは何の関係もないという間違った考えを持っている人もいるかもしれません。

食生活の改善とは、ミラクルダイエットと呼ばれるような間違った食事法や、食べるのをやめるという、全般的な健康にも有害とされる商習慣を実践するのではなく、毎日の食事に適切な量の健康的な食品を加えることです。体が必要とする栄養素を正しい方法で摂取する食生活は、健康的に、正しい方法で筋肉を構築するのに役立ちます。

3.トレーニングベルトの使用

海外ではガードルとも呼ばれるトレーニングベルトの使用方法については、多くの間違った情報があります。例えば、ベルト着用の効果でより多くの汗をかくことができ、それが多くの脂肪燃焼につながるという間違った情報がその一つです。

発汗プロセスは。体温調節に基づいていることを理解することが重要です。つまり、体温が通常よりも高くなると、体が汗をかいて体温を下げるように機能します。

このような理由から、発汗していることは即ち体重を減らすことや筋肉を作っていることを意味しているのではない、と理解して考慮に入れておく必要があります。

この点についてもう少し詳しく説明すると、トレーニングベルトの働きは、背中や腹部などの領域を怪我から保護することです。そのため、ベルトを使用すると、ヘルニアや背中の怪我の可能性が低くなりますが、発汗を促進したり、筋肉を鍛えるためにデザインされたものではありません。

4.自分の快適ゾーンを越えようとしない

筋肉を鍛えたい女性は、いつもと同じトレーニングルーチンばかりに固執する傾向があります。つまり、常に同じ負荷と強度にとどまる状態です。これは筋肉を構築する上では間違いであり、同じ場所で立ち往生して何も進まない状態になる可能性があります。

自重トレーニング 筋肉をつけるとき女性がしてしまいがちな4つの間違いとは?

実はこれは、男女問わず一般的な間違いの一つです。新しいルーチンを開始してすぐは苦労するかもしれませんが、徐々に体が慣れます。そして、体が慣れた「快適ゾーン」が出来上がりますが、ここから限界を超えて挑戦したいと感じなくなります。そして、体が慣れて簡単に感じるため、自分をどんどん追いこんで挑戦するというやる気を失うことになります。

また、快適ゾーンでの運動を続けても、自分はまだ効果的に運動していると勘違いしているというのが、最も良くない点だと考えられます。筋肉を構築するためのトレーニングは常に進歩的で、効果的な運動で構成されているべきです。

筋肉を構築するための知識と自己規律

今回の記事でご紹介したように、筋肉を構築するときに男性と女性のどちらもが犯す間違いの大部分は、正しい知識の欠如や間違ったアドバイスに基づいた行動に起因していると考えられています。

そのことを念頭に置いて、筋肉の構築についてできるだけ多くの正しい情報を得ることをお勧めします。信頼できる情報源を探し、自分が見つけた情報についてよくわからない場合は、専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。優秀なパーソナルトレーナーのサポートを得ることも、大きな助けになるでしょう。

最後に、自己規律が必要であることを忘れないでください。自己規律とは、自分が得た正しい知識を実践に移し、自分自身のために設定した筋肉構築の目標を達成するときに不可欠です。

頑張ってトレーニングを継続してくださいね!

それはあなたに興味があるかもしれません...
女性のボディービル:種類とトレーニング方法
Fit PeopleRead it in Fit People
女性のボディービル:種類とトレーニング方法

ボディービルディングとは、ウェイトトレーニング、有酸素運動、アイソメトリック運動などを通じて筋肉を発達させて鍛えることです現在では、様々なボディービルの大会が開催されており、ボディービルの大会に向けて体を鍛えるのは本当の挑戦であり、忍耐と真面目さを必要とする長期間の努力が試されます。



  • Borba Pinheiro, C. (2014). Efectos de un programa de entrenamiento concurrente sobre la fuerza muscular, flexibilidad y autonomía funcional de mujeres mayores. Revista Ciencias de La Actividad Física.
  • Kraemer, W. J., & Spiering, B. A. (2008). Crecimiento muscular. Entrenamiento de La Fuerza.