ゴブレットスクワットで使用する筋肉とは?

ゴブレットスクワットという動きや名前を聞いたことはありますか? 聞いたことがあるかどうかにかかわらず、ぜひこの動きを試し、その利点を理解することをお勧めします。早速詳しく見ていきましょう!

最後の更新: 17 1月, 2021

脚は私たちの体の中でも最も重要な部分の1つです。ということは、己を律し忍耐を持って定期的に脚の筋肉を鍛える必要があるということです。素晴らしい結果を達成するために、脚のエクササイズルーチンにゴブレットスクワットを加えることをお勧めします。ゴブレットスクワットを試したことはありますか?

ゴブレットスクワットとは何か、そしてその目的やどの筋肉を鍛えているのかなどについて知りたい場合は、このまま本記事を読み続けてください。正しい知識を学ぶことで、トレーニングルーチンを改善するのに役立つことを忘れないでください。

ゴブレットスクワットとは何ですか?

スクワットのバリエーションはたくさんあります。大まかに説明すると、スクワットと呼ばれる運動は脚の様々な筋肉を強化しますが、どのバリエーションを選ぶかにより、さまざまな筋肉を「セット」で動かして鍛えます

ゴブレットスクワットは非常に一般的で、ウエイトを使うことでバリエーションが生まれます。ウエイトには、ダンベルやケトルベルを使用できますが、ウエイトは腕を使って保持する必要があります。

ゴブレットスクワットは、体幹を鍛えるトレーニングルーチンに加えるだけでなく、ウォームアップエクササイズとしても、最も推奨されるスクワットバリエーションの1つです。もちろん、トレーニングを指導するコーチが作るプログラムや使用するダンベルの重さによっても異なります。

ゴブレットスクワットはどの筋肉で機能しますか?

下半身に焦点を当てるゴブレットスクワットは、主に脚の筋肉に働きかけます。ただし、スクワットを実行している間、他の筋肉も使用しています。ゴブレットスクワットを行うときに最も機能している筋肉は、大殿筋、大腿四頭筋、内転筋、およびハムストリングスです。

  • 大腿四頭筋:体の中で最大の筋肉である大腿四頭筋は、スクワットを行うときに機能する主な筋肉群で、4つの筋肉で構成されています。
  • 内転筋とハムストリングス:拮抗筋であるこれらの筋肉は、股関節の屈曲と伸展の両方を助けます。

さらに、ゴブレットスクワットというエクササイズの複雑さを増すために使用するダンベルまたはケトルベルの効果で、上半身の筋肉のいくつかにも作用します。

ゴブレットスクワットにおいて使われる腕の筋肉は、アイソメトリック運動を行っています。アイソメトリック運動では、筋肉を動かさず、外からの力に筋肉が抵抗するときに力を発揮させて、等尺性筋収縮を行います。

  • 三角筋は、ダンベルやケトルベルなどウエイトの使用により張力が発生し、力に対する抵抗が発生します。
  • 上腕三頭筋:主腕の屈筋である上腕二頭筋は、上半身で最大の筋肉の1つです。ゴブレットスクワット中は、最適なトレーニングを可能にするアイソメトリック(等尺性)運動が行われます。

ゴブレットスクワットを行うときに使われる他の重要な筋肉

上記でご紹介した筋肉は、その機能に関係なく、ゴブレットスクワットで使う主な筋肉です。ただし、ゴブレットスクワットが完全なエクササイズと言われるのは、これ以外の重要な筋肉群が作用しているからです。これは、体幹、腹部、腰、および背中を構成する筋肉です。

また、大殿筋、腓腹筋、そして足趾屈筋もゴブレットスクワットで作用する筋肉に含まれます。


ゴブレットスクワットを行うべき理由

ゴブレットスクワットが多くの筋肉を鍛えることができるという事実は、定期的にこのスクワットを行うのに十分な理由です。この理由とは別に、ゴブレットスクワットは姿勢を改善するのに理想的です。

ダンベルを使用すると、背中がまっすぐのままになります。これは、正しい姿勢でスクワットを行うときに保持するべき重要な姿勢です。つまり、ゴブレットスクワットを行うことで、スクワットテクニック全般が改善され、より多くのスクワットバリエーションを行う第一段階になるでしょう。

ゴブレットスクワットと背中の問題

前述のように、従来のスクワットを実行する際に起こる可能性のある主な問題には、ゴブレットスクワットの姿勢などのテクニックが役立ち、それがゴブレットスクワットを行うべき十分な理由になります。

従来のスクワットを行うときに背中が曲がってしまうなどの姿勢の問題に悩む人にはゴブレットスクワットはお勧めです。腕で3~4kgのダンベルを持って行うと、スクワットの姿勢など特定の問題を解決するのに役立ちます。

それはあなたに興味があるかもしれません...
Fit PeopleRead it in Fit People
スクワットの正しいフォームを知っていますか?!

スクワットはヒップやおしり、腹筋や脚を鍛えるエクササイズです。また骨や腱も強化します。スクワットは効果的な運動で、他のエクササイズの基本にもなるのです。しかし、その能力を発揮するには正しいフォームを習う必要がありあます。あなたは スクワット の 正しいフォーム を知っていますか?



  • Chijani, N. (2013). Análisis Biomecánico De Las Sentadillas. G-SE Sobre Entrenamiento.
  • Cronin, J. Keogh, J. Presswood, L. Whatman, C. (2008). Glúteo medio: Anatomía aplicada, disfunción, valoración y fortalecimiento progresivo. Strength and Conditioning Journal.
  • Staugaard-Jones, J. A. (2014). Anatomía del ejercicio y el movimiento. Anatomía Del Ejercicio y Movimiento.