プライオメトリクストレーニングの5つの利点

自分が目指すフィットネスゴールによって、必要な運動の種類は異なります。今回は、身体強度、スピード、そしてパワーを鍛えて伸ばすのに役立つ、プライオメトリクストレーニングついてお話します。

最後の更新: 31 1月, 2021

運動にはさまざまな種類がありますが、それぞれの運動は私たちの体格や身体能力などのさまざまな面を発達させるのに適しています。その中でも今回は、プライオメトリクストレーニングの利点について考えます。まだあまり知られていないトレーニング方法ですが、私たちの身体にとても役立つ効果的なトレーニングです。

プライオメトリクスという名前について詳しく理解していますか? よく知らないという場合も、心配する必要はありません。本記事では、プライオメトリクストレーニングについて知っておくべきすべてを、どう役立つかという情報とともにを説明します。

プライオメトリクストレーニングとは何ですか?

プライオメトリクストレーニングは、何よりもまず筋肉への大きな負荷がかかるインパクトエクササイズであり、主にランジとリープ、そしてジャンプなどの動きで構成されています。そのため、身体能力の強度、スピード、そしてパワーを向上させるのに役立ちます。

プライオメトリクストレーニングには、速くて強力な筋肉の収縮を行う動きが含まれるため、練習を積むことで筋力を高めるのに役立ちます。

プライオメトリクストレーニングは通常、競争力を高める必要があるプロのアスリートが使用するトレーニングです。プライオメトリクストレーニングタイプの恩恵を受ける最も一般的なスポーツは、バレーボール、バスケットボール、サッカー、陸上競技などです。

プライオメトリクストレーニングは、筋肉を完全に伸ばした状態から始めて、すばやく力を入れて収縮させる高強度トレーニングの一種です。

プライオメトリクストレーニングの例

最もよく使われているプライオメトリクストレーニングの例をいくつかご紹介します。

  • スクワットジャンプ通常のスクワットをまず行いますが、最後の段階で脚を徐々にまっすぐにして元の位置に戻る代わりに、ジャンプをするエクササイズです。
  • ロングジャンプ:スクワットの姿勢から、できる限り前方にジャンプを行います。勢いをつけるために腕を前に振りましょう。
  • プライオメトリクスプッシュアップス:これは通常の腕立て伏せと同じですが、ゆっくりと体を最初の姿勢まで持ち上げる代わりに、腕で床を押すように押し上げて上向きに翔びます。体が空中にある時に手で拍手してから開始位置に戻りましょう。

プライオメトリクストレーニングの利点

プライオメトリクストレーニングは、主にジャンプとリープ、そしてランジで構成されていますが、それ以外にもさまざまなプライオメトリクストレーニングがあるため、飽きることはありません。プライオメトリクストレーニングを定期的に行うことで得られる利点のほんの一部をご紹介しましょう。

1.筋肉の強化

プライオメトリクストレーニングの主な利点の1つは、体力と筋力の強化に役立つことです。さらに、それらはさまざまな異なる筋肉群の発達を促進します。

定期的にトレーニングを行い、体力と瞬発力を向上させることにより、筋肉は徐々に成長し、強化され始めます。

2.瞬発力と敏捷性を高める

プライオメトリクストレーニング、体力を高めるだけでなく、特定の体の動きを行う時に必要となる筋肉を動かすことで、より速く動くのにも役立ちます。

プライオメトリクストレーニングは、スピード、瞬発力、機敏性の向上に役立つため、多くのプロやアマチュアアスリートがトレーニングに取り入れています。

3.様々な身体能力の向上を促進

プライオメトリクストレーニングの利点は、強度とスピードだけではありません。私たちのバランスや運動協調性など、様々な身体能力を高めるのに役立ちます。

プライオメトリクストレーニングには、敏捷性と瞬発力が必要になるため、最初は難しいかもしれませんが、時間が経つにつれて、バランスと運動協調性に大きな違いが見られるようになります。

4.怪我の予防

原則として、プライオメトリクストレーニングは筋肉への負荷をかけるインパクトエクササイズを中心に構成されているため、身体がインパクトに慣れるのに役立ちます。さらに、運動の際に使う筋肉が、その筋肉とつながっている関節を保護するのに役立ちます。

さらに、筋肉量が増えると靭帯と腱も強化されるため、身体が怪我に対してはるかに強くなり、怪我の予防に役立つと考えられます。

5.運動器具は必要ない

プライオメトリクストレーニングを実践するのに必要なのはスペースだけで、それ以外の器具は必要ありません。これはプライオメトリクストレーニングの持つもう一つの利点と言えるでしょう。つまり、プライオメトリクストレーニングは、いつでもどこでもすぐに実践できる自重を使うトレーニングです。

プライオメトリクストレーニングを避けるべき理由

プライオメトリクストレーニングには様々な利点があることを学びましたが、プライオメトリクストレーニングを避ける必要がある人がいます。

オーバーウエイトや運動に慣れていない方が運動を始める際には、プライオメトリクストレーニングから始めないでください。ある程度運動に慣れた身体や体型でない場合、プライオメトリクストレーニングが怪我の原因になる可能性があります。

最後に、新しいトレーニングルーチンを開始する前には、専門家に相談するのが最善の方法だということを心に留めておきましょう。また、運動や体へのニーズには個人差があるため、トレーニングを始める前に必ず医師の診察を受けてください。

それはあなたに興味があるかもしれません...
Fit PeopleRead it in Fit People
階段を使った高度なスピード&筋力トレーニング

階段を登るという動作は、実はとても強度の高いトレーニングになります。スピードと筋力を鍛えるための有酸素ルーチンやエクササイズプログラムに、階段を使ったトレーニングを加える方法をご存知ですか?階段を使用した高度なスピードと筋力トレーニングでは、一部の激しいスポーツトレーニングと同様の要素から成り立っています。



  • Leceaga, J., Los Arcos, A., Castillo Alvira, D., & Yanci, J. (2017). Influencia del volumen de entrenamiento pliométrico en la carga percibida diferenciada de futbolistas de alto nivel. Pensar En Movimiento: Revista de Ciencias Del Ejercicio y La Salud. https://doi.org/10.15517/pensarmov.v15i2.27664
  • Martínez-rodríguez, A., Mira-alcaraz, J., Cuestas-calero, B. J., Pérez-turpín, J. A., & Pedro, E. (2017). La Pliometría en el Voleibol Femenino. Revisión Sistemática. RETOS. Nuevas Tendencias En Educación Física, Deporte y Recreación.
  • Quetglas, Z., Iglesia, O., & Martinez, R. (2012). Fundamentos biomecánicos del ejercicio pliométrico. Lecturas: Educación Física y Deportes, Revista Digital.