エリートアスリートのように食事をするべきですか?

04 10月, 2020
多くの人々がエリートアスリートに憧れているでしょうが、輝くものすべてが「ゴールド」であるわけではないのが現実です。今回は、エリートアスリートの食事について学び、それが私たちにとって有効なのかを見ていきましょう。

食べ物は、私たち人間にとって社会的な関係を築く上で大切なものであり、一部の人にとっては仕事人生における重要な鍵となります。エリートアスリートにとって、スポーツは生き方であり、食べ物は毎日の生活の中で注意するべき要素の一つです。食事という観点から、プロのアスリートはどのような問題に直面しているのでしょうか?

現代社会では、メディアがスポーツ選手の食事などについて取り上げるため、多くの人がアスリートのような食事方法を「健康」だと考え、食生活に取り入れようとします。

しかし、エリートアスリートは、アスリートとしての自分の成果を常に監督する専門家が指導にあたっていることに留意する必要があります。また、私たちとは活動の量や内容が異なります。私たちがアスリートのような食事を実践する価値はあるのでしょうか?

エリートアスリート向けハイパフォーマンスセンターとは

多くのアスリートは、高いパフォーマンスを実践するため、海外で「ハイパフォーマンスセンター」と呼ばれる寮などに住んでいることが多くあります。現在は自宅に住んでいる場合も、アスリートとしてのキャリアの初期段階には、このような場所に住んで多くの経験を積んでいることがほとんどです。

ハイパフォーマンスセンターと呼ばれるスポーツ専用の寮では、食事が提供されたりケータリングサービスなどがありますが、これには長所と短所があります。

メリット

食事を担当する人がいることで時間の節約になり、食事を準備するという悩みから解放されます。何を食べるかを自分で考える必要がないのは、料理の仕方がわからない、または料理をする時間がないエリートアスリートにおすすめです。。

さらに、センターで提供される食事療法は、トレーニング期間と休息の時間に基づいて変化するため、正しい知識に基づき、エリートアスリートの栄養素の摂取量を最大限に活用することができます。

全てのケースに当てはまるわけではありませんが、栄養士などの専門家が食事をしっかりと監督している場合もあります。この場合は、様々な食品やアスリートの好みを考慮に入れた食事が提供されます。またアスリートが、どのような食べ物をいつ食べるかをより細かくコントロールすることも可能になります。

すべてのアスリートに当てはまるわけではありませんが、もう一つの利点は、各個人のアレルギーや不耐性に基づいてメニューを調整できることです。また、病理に基づいてメニューを変更することも可能です。たとえば、アスリートが過敏性腸症候群を患っている場合は、食物繊維の摂取量を調整します。

エリートアスリートのように食事をするべきですか? 料理をする女性

デメリット

残念ながら、食事を担当する栄養士などの専門家がいない場合は、前述したメリットが得られないことがあります。つまり、すべてのセンターが、アスリートの食事をしっかりと監督する必要があるわけではありません。

また、企業はスポーツチームにできるだけお金をかけたくない場合もあり、その場合は、バラエティーのない退屈な食事メニューだけが提供されることがあります。

寮などが公共の施設の場合は、特定の規制に準拠する必要がありますが、私立の寮やセンターでは、全てを完全にコントロールすることが可能です。

コスト削減を行う時に問題となるのが、低品質の食用油の使用です。エクストラバージンオリーブオイルの代わりにヒマワリオイルなどを使用するのは、一般的なコスト削減の例の一つです。

料理の仕方を知らないエリートアスリート

エリートアスリートには、暇な時間はほとんどありません。アスリートの生活は、トレーニング、トーナメント、そして集中力を高める時間を中心にスケジュールが立てられています。そのため、アスリートには料理の仕方を知らないか、料理を作ることに興味がない人も多いでしょう。

このような問題に対処するためには、トレーナーやスポーツ連盟は、料理クラスを行うなどのさまざまな対策を講じることができます。また多くの費用をかけずにこの問題を解決する方法の一つが、アスリートに簡単なレシピを提供することです。

エリートアスリートと競技

トレーニングセッションの目標は、身体面と精神面が最高の状態で競技に参加することです。トレーニング中は、栄養面での様々な戦略も試していくべきです。普段から栄養面に注意を払うことで、試合という重要な日の当日に起こりがちな問題を回避することができるでしょう。

ただし、外的要因が決定的な原因となり、エリートアスリートがこれまでのトレーニングで行ってきた、全ての努力が台無しになることが時々起こることにも留意してください。

ストレス

ストレスは、競技や試合が行われる日のエリートアスリートにとっては最大の敵と言えるでしょう。消化器系の不快感が現れることがよくありますが、これは必ずしも食べ物が原因ではありません。ただし、血糖値が高い炭水化物をたくさん食べると、消化器系の問題が発生する可能性があります。

また、競技前に起こるパニック発作が、消化器系の問題を引き起こし、競技中にアスリートが無力になってしまうことがあります。競技前の神経系や精神面をどのようにコントロールするかをエリートアスリートに指導することは、正しい食事を摂取するのと同じくらい重要です。

遠征

サーフィンやテニスなど、多くのスポーツで遠征試合が一般的です。遠征を行う場合は、栄養士などが食事や食品の選択を担当します。競技日にいつもの食事を変更すると、スポーツパフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。

エリートアスリートのように食事をするべきですか? テニスプレーヤー

開催国の料理文化を調査したり、ケータリングサービスを探すことは、遠征地での食事計画を立てる上で重要な戦略です。不安や疑問がある場合は、その土地の新しい食べ物を食べる前に、通常通りの基本的な食生活に目を向けた方がよいでしょう。

また、時差によりいつもとは違うタイムゾーンで試合が行われる場合、エリートアスリートのホルモンバランスが変化する可能性があります。メラトニンは、概日リズムを生み出すホルモンですが、サプリメントを服用すると、時差ぼけなどの影響を減らすことができます。

結論:エリートアスリートのような食事をするのは良いことですか?

アスリートのような食事を取り入れるのは、一般の人々にとって良い方法とは言えません。現役のエリートアスリートは、常に高いトレーニング負荷とストレスにさらされているため、アスリートと同じ栄養ガイドラインに従うことは、不安障害などの問題を引き起こす可能性が最も高くなるでしょう

また、体操競技の選手のような食事管理を行うことは、一般の誰にでも悪影響を与える可能性があります。これは、ほとんどの人が体操選手が摂取しているような栄養価の食生活を送る準備ができていないからです。

そのため、自分の体の栄養ニーズと目標に基づいて、栄養士と一緒に食事計画を立てることをお勧めします。

  • de España, J. D. E. 2011. Ley 17/2011, de 5 de julio, de seguridad alimentaria y nutrición. Boletín Oficial del Estado, (160).
  • García-Luque A et al. 2011. Melatonina y jet lag:¿un suplemento alimenticio o un principio activo de interés militar? Sanidad Militar, 67(3), 325-325.
  • Palavecino N. 2002. Nutrición para el alto rendimiento. LibrosEnRed.