不安の軽減にピーナッツを食べるといい?

10 5月, 2020
お腹を満たすため、おやつにピーナッツを食べる人はたくさんいます。では、ピーナッツの食べ過ぎは問題にならないのでしょうか? ここでは、これに関し、知っておきたいことについてお話します。
 

ピーナッツは、世界的に、消費量の多いナッツです。食事と食事の間に不安を抱えた時によく食されています。ここで疑問が湧きます。ピーナッツは、不安の軽減に役立つのでしょうか?

お腹が空いているからという理由ではなく、不安を抑えようと、ピーナッツを食べる人がいます。そこで、食事のカロリーを増やさずに、自分を満たすことができる食べ物ががどのようなものか知っておくことは大切です。

一般的に、ピーナッツやナッツ類は、空腹や不安を抑えるのにいい食べ物です。健康的な習慣があれば、定期的にピーナッツを食べることで様々なメリットが得られます。

栄養価が高く、体の適切な機能を助け、力を得られることに加え、体重を減らすのにも役立ちます

ピーナッツは、おやつにピッタリで、不安を軽減し、満足感をもたらしてくれます。また、健康的ではないおやつを選ばないようにもなります。ひとつ気を付けなければならないのは、ピーナッツはカロリーが高いことで、1つかみ以上食べないようにしましょう

ピーナッツを食べるメリット

ピーナッツには、不安との闘いに欠かせない物質ビタミンBが含まれています。ビタミンBは、神経伝達物質の生成に直接的影響をもちます。また、リラックス効果や気分を高める物質トリプトファンも豊富です。

さらに、筋肉を機能させる組織の構築や修復に使われるたんぱく質を与えてくれます。たんぱく質は、ダイエットにも役立ち、また、空腹につながる血糖値の増減を妨ぎます。また、ホルモンや酵素の生成に重要な要素もピーナッツには含まれています。

 
落花生

ピーナッツに含まれる繊維質は、コレステロール値を下げ、健康的な消化抽出において重要な役割を果たします食物繊維はお腹の中で水分を吸収し、これにより私達は満腹感が得られます。

しかし、ピーナッツはカロリーが高く、商品によっては、ナトリウムや飽和脂肪が含まれるものがあることを頭に入れておく必要があります。これらの多量摂取は健康に害を与えることになりかねません。

不安に打ち勝つために

ピーナッツは、不安に打ち勝つのにピッタリの食品です。健康的で、お腹を満たすのに役立ちます

ピーナッツには、細胞の破壊を防ぐために使われる2つの抗酸化物質、ビタミンEやマンガンが含まれていることも覚えておくと良いでしょう。ビタミンEは、細胞と組織間の伝達を促し、また、マンガンは、代謝において重要な役割を果たします。

バランスがカギ

ピーナッツは代謝を刺激するため、ダイエットに役立ちます。ここで、適切に体重を落とすには、食べる量を制限することが必要であることを強調しておきましょう。

ダイエット
 

ピーナッツを食べる時、一番難しいのが、量の制限です。何度も繰り返すようですが、ダイエットのカギは、運動とバランスの取れた食生活の持続です

お分かりいただけたように、ピーナッツは、不安に打ち勝つのに理想的なおやつです。大切なのは、適度に食べることです。イライラを抑えてくれ、ダイエットに役立つおやつですが、カロリーが高いことを忘れてはいけません。日々の食生活にピーナッツを取り入れ、様々なメリットを利用しましょう。

  • Settaluri, V. S., Kandala, C. V. K., Puppala, N., & Sundaram, J. (2012). Peanuts and Their Nutritional Aspects—A Review. Food and Nutrition Sciences03(12), 1644–1650. https://doi.org/10.4236/fns.2012.312215
  • King, J. C., Blumberg, J., Ingwersen, L., Jenab, M., & Tucker, K. L. (2008). Tree Nuts and Peanuts as Components of a Healthy Diet. The Journal of Nutrition138(9), 1736S-1740S. https://doi.org/10.1093/jn/138.9.1736S