1日1個のリンゴを食べることで得られる利点とは?

リンゴには、腸内細菌叢に最適な繊維がたくさん含まれています。そしてこれは、1日1個のリンゴを食べることの利点の1つです。今回の記事を読んで、リンゴを食べることで得られる利点について学びましょう。
1日1個のリンゴを食べることで得られる利点とは?

最後の更新: 13 1月, 2021

健康的な食生活や食事法に、継続して取り入れる必要がある食品がいくつかあります。多くの果物は、身体機能が適切に機能するために必要な必須栄養素を含んでいるため、このカテゴリーに分類されます。今回の記事では、1日1個のリンゴを食べることで得られる利点をいくつかご紹介します。

第一に、リンゴには水分が多く含まれているため、気温が高い季節に水分を補給してリフレッシュするのに最適です。しかし、他にも多くの利点があります。詳細については、ここから詳しくご紹介します。ぜひ続けてご覧ください。

1日1個のリンゴを食べると腸の健康に役立つ

リンゴには、ペクチンと呼ばれる特に重要な食物繊維が含まれています。この物質は腸内で発酵できることが明らかになっているため、腸内細菌叢に有益な物質です。

このことは、Applied Microbiology andBiotechnologyに掲載された研究によって裏付けられています。さらに、健康な腸内細菌叢を維持することは、神経変性疾患などのリスクを減らすことにつながります。

リンゴに含まれるペクチンは、水溶性食物繊維の一種です。もう一つの繊維は不溶性繊維として知られており、これは穀物に含まれています。不溶性繊維は胃腸の健康にも良いことがわかっているので、リンゴと穀類の両方を定期的に食べることをお勧めします。

1日1個のリンゴを食べることで得られる利点とは? リンゴをきれいに洗う

1日1個のリンゴで満腹感が得られる

水溶性食物繊維のもう1つの利点は、空腹感を防ぐことです。 European Journal of Clinical Nutritionに掲載された研究によると、水溶性食物繊維を摂取すると、胃の膨満受容体を刺激することで食欲が大幅に低下します。

空腹感を軽減することで、以前よりも食べる量が減るため、容易に体重を減らすのに役立ちます。つまり、1日1個のリンゴを食べることは、必要以上の食べ物を食べないようにする優れた方法と言えるでしょう。

リンゴには病気の予防に役立つ抗酸化物質が含まれている

他の多くの果物と同じように、リンゴには特定の抗酸化物質が含まれていて、複雑な病気や代謝の問題を予防するのに役立ちます。

リンゴよりも多くの抗酸化物質を含む食品がありますが、リンゴにもかなりの量の抗酸化物質が含まれています。リンゴを1日1個食べるように推奨されるのはこのためです。

また、この抗酸化物質の効果を高めたい場合は、リンゴにシナモンを振りかけることをお勧めします。 Pharmacognosy Researchのレビューによると、シナモンは炎症を調整するのに役立ち、2型糖尿病などの特定の代謝問題のリスクを減らすのに役立ちます。

さらに、シナモンを定期的に摂取することで、インスリン抵抗性を予防し、血糖値をより適切に制御するのに役立ちます。また、ほとんどすべての果物やヨーグルトとの組み合わせにもよく合います。

りんごは健康的な食品!

1日1個のリンゴを食べることで得られる利点とは? リンゴの木

今回ご紹介したように、リンゴは本当にとても健康的な食品なので、 1日1個食べることをお勧めします。1日1個リンゴを食べることで、微生物叢の成長を選択的に調節し、身体機能を適切に機能させることができます。

それと同時に、リンゴは水分補給にとても効果的で、夏の時期には特に重要になるでしょう。高齢者は特に脱水症状になりやすいので、リンゴをお勧めします!

リンゴに含まれる抗酸化物質も、忘れてはいけない重要な点です。他の多くの果物には多くの植物栄養素とフラボノイドが含まれていますが、リンゴには酸化を減らして制御するのに役立つ物質がかなり含まれています。

抗酸化物質はさらに、健康にあまり良くないフリーラジカルと戦うのに役立つため、リンゴとシナモンなどの香辛料を組み合わせると、これらの抗酸化物質の効果をより高めることができます。

最後に、リンゴは本当に用途が広いという点も忘れてはいけないでしょう。そのまま、またはサラダやデザートの材料としてリンゴを食べることができます。自分の好きな方法で食べるのがお勧めですが、砂糖を加えないように注意してください。

こちらの記事もおすすめです。
グルテンを含む食品とは? 知っておくと役立つ知識
Fit People
で読むことができます。 Fit People
グルテンを含む食品とは? 知っておくと役立つ知識

近年多くの食品製造業者はグルテンを不要なものとして廃棄するようになってきています。グルテンは小麦の主な成分を占めていますが、もっと具体的にいうとそのタンパク質の大部分を占めています。そしてグルテンは小麦だけではなくライ麦や大麦などの穀物にも含まれています。



  • Bianchi F., Larsen N., Tieghi TM., Adorno MA., et al., Modulation of gut microbiota form obese individuals by in vitro fermentation of citrus pectin in combination with bifidobacterium longum BB-46. Appl Microbiol Biotechnol, 2018. 102 (20): 8827-8840.
  • Warrilow A., Mellor D., McKune A., Pumpa K., Dietary fat, fibre, satiation, and satiety a systematic reivew of acute studies. Eur J Clin Nutr, 2019. 73 (3): 333-344.
  • Kawatra, P., & Rajagopalan, R. (2015). Cinnamon: Mystic powers of a minute ingredient. Pharmacognosy research, 7(Suppl 1), S1–S6. https://doi.org/10.4103/0974-8490.157990