過食性障害(むちゃ食い障害)とは何ですか?

定期的に起こる過食性障害は、さまざまな摂食障害の兆候である可能性があります。今回の記事でその詳細について学んでいきましょう。

最後の更新: 19 1月, 2021

過食性障害、またはむちゃ食い障害とは、食欲を制御するための体のメカニズムが適切に機能しない場合に起こる精神障害です。過食性障害を患う人は、どのような影響を受けるのでしょうか?

過食性障害は、むちゃ食い障害と呼ばれていることからもわかるように、自分の健康が危険にさらされるまで、理性の限界を超えて食べるようになる状態を指します。過食性障害にはさまざまな種類があります。過度にあらゆる種類の食品を食べる人もいれば、お菓子や砂糖に依存して食べるような人もいます。過食性障害に悩む人が何を過度に食べるのかに関わらず、共通する確かなことが1つあります。それは、体組成が大幅に変化するという点です。

摂食障害

Child and Adolescent Psychiatric Clinics of North Americaで発表された研究によると、摂食障害は近年はるかに一般的な病気です。今回ご紹介している過食性障害は摂食障害の一つで、強いホルモンおよび代謝因子が関係しています。

人間の身体にとって、満腹感とは食欲を制御するための方法であり、腹部膨満受容体と血糖値の変化に反応する一連のホルモンの組み合わせによって制御されています。これらのホルモンの1つは神経ペプチドYです。この物質が視床下部で分泌されると、Bioessaysに発表された研究で述べられているように、食欲が増します。

通常、このペプチドの生産は非常に正確に制御されています。ただし、何らかの問題が発生してメカニズムの効率が低下することがあり、その結果、過食性障害などの摂食障害が発生することがあります。

過食性障害の症状

過食性障害を正しく特定するには、関連する症状をまず調べる必要があります。通常、過食性障害のある人は、食べ物について過度に心配する傾向があり、うつ病や孤独感に苦しんでいる可能性が高くなります。

同時に、太りすぎや肥満の人にも影響を与える傾向があります。過度に食べると体組成に影響を与え、体脂肪の増加につながります。

さらに、過食性障害に苦しむ人は、下痢、胃の痛み、鼓腸などの消化器系の問題を発症し苦しむことがよくあります。自分が過食性障害を発症しているのではないかと心配なときは、次の兆候が当てはまるかどうかを確認してください。

  • 過去6か月間、週2回以上過食性障害を引き起こしている
  • 過食が起こるとき、食べる量をコントロールできなくなる
  • 空腹感がないのに食べる
  • 胃が不快になるまで食べるのをやめない
  • 過食が起こるとき、一人で過食をする傾向にある
  • 過食が起きた後罪悪感を感じる

実行可能な解決策

過食性障害を早期に発見できると、治療がはるかに簡単になります。さらに、栄養士、心理学者、精神科医で構成される専門家のチームのサポートが必要です。患者によっては処方薬が必要になるケースもあります。

栄養士の仕事は、すべての栄養とエネルギーの要件をカバーしながら、より充実した気分になる食事計画​を作成することです。そのためには、食物繊維の摂取量を増やす、そして断続的な断食の実施などのさまざまな方法があります。これは、血糖値と満腹感を調整するのに役立つ可能性のある前向きなホルモン変化を引き起こします。

過食性障害をを早期に治療する

ここまでで説明したように、過食性障害は摂食障害の1つで、若者の間で発症が増加しています。

ホルモンバランスの乱れによって過食性障害という問題が起こる可能性がありますが、行動上の要因も原因となる可能性があります。過食性障害を引き起こす原因に関係なく、適切な治療には早期診断と専門家による学際的なチームが必要です。

今回ご紹介したポイントのいくつかが自分だけでなく、周りの誰かに当てはまるのではないかと心配な場合、適切な診断を受けるために専門家の診察を受ける必要があるかもしれません。初期段階における適切な栄養教育は、その後、摂食障害を発症するリスクを大幅に減らすことができるとを覚えておくことが大切です。

最後のポイントとして、食べる量に関係なく、できる限りお菓子や加工食品の摂取は避け、新鮮な食材を使った適切で健康的な食生活を確立することが重要です。

それはあなたに興味があるかもしれません...
Fit PeopleRead it in Fit People
血圧を下げるのに役立つブルーベリー

抗酸化物質が豊富に含まれているブルーベリーを、食生活に取り入れて定期的に食べると様々な病気の予防に役立つと言われています。今回の記事では、健康への様々な利点が期待される美味しい果物であっるブルーベリーについて学びましょう。他の食品と組み合わせて毎日の食事に取り入れてください。



  • Saul JS., Rodgers RF., Adolescent eating disorder risk and the online world. Chil Adolesc Psychiatr Clin N Am, 2018. 27 (2): 221-228.
  • Nakamura K., Nakamura Y., Hunger and satiety signaling: modeling two hypothalamomedullary pathways for eneergy homeostasis. Bioessays, 2018.