サドレキシアって何?患者が受ける影響について

摂食障害を発症した人は、精神面での問題が他の障害と組み合わさり、自傷行為への欲求が生まれる可能性があります。これがサドレキシアです。
サドレキシアって何?患者が受ける影響について

最後の更新: 10 3月, 2021

サドレキシアは、痛みと肉体的苦痛への欲求が生まれる、食欲不振と自傷行為が組み合わさった摂食障害です。この組み合わせは、患者がリストカットなどの自傷行動を行ったり、パージングと呼ばれる極端な浄化行動を行う可能性があるため、とても危険です。

摂食障害は精神的な要因を伴う病気であると知っておくことが大切です。これは、多面的な治療が必要であることを意味します。また、青年期に多く見られ、たとえば心的外傷の後に突然現れるケースもあります。サドレキシアを発症すると、一生傷跡を残す可能性があります。

サドレキシア:食べ物との奇妙な関係

サドレキシアに苦しむ人々は、食べ物との奇妙な関係がある傾向があります。これは、患者の摂食行動が制限的であるという特徴があげられます。つまり、サドレキシアを発症している患者は、自分の健康が危険にさらされるほど、急激に体重を減らそうとする傾向があることを意味します。

これは、Endocrine, Metabolic & Immune Disorders Drug Targetsに掲載された研究で確認されました。

このような特徴からもわかるように、特定のグループの食品を食生活から排除するだけでなく、消費する食品の総量を減らすことで、体重増加を回避したり、体内の脂肪組織の量を減らそうとする傾向があります。

言うまでもなく、肥満は人の健康に悪影響を及ぼしますが、極端な減量による細さは、十分な栄養素が不足している状態なので、健康を危険にさらす可能性があります。

具体的に、栄養失調の人々はビタミンD値が非常に低くなります。 Annual Review of Medicineに掲載された研究によると、ビタミンDの欠乏は、特定の障害を発症するリスクの増加と深い関わりがあります。

サドレキシアって何?患者が受ける影響について 歪んだボディーイメージ

サドレキシアの危険性

サドレキシアが食品摂取量の減少と痛みへの欲求を組み合わせて持っているという事実が、サドレキシアを非常に危険な障害にしている要因です。サドレキシアを抱える人々は、自分自身に危害を加えたり、食べた物を自分で吐くなどの行為を躊躇せずに行います。これは、私たちの健康全般にとって危険なだけでなく、食道の内壁を損傷します。

実際、頻繁に嘔吐をすることで、消化管がんのリスクを高める可能性があります。そして、栄養失調になるリスクはもちろんのこと、生命を危険にさらします。

サドレキシアを発症する人は自尊心が低い傾向があり、それが周囲の環境や人間関係への認識に影響を及ぼします。また、ソーシャルネットワークをはじめとする様々なコミュニケーション手段がある現代社会において、プレッシャーを感じて苦しむことがサドレキシアという摂食障害の重症度を高める可能性があります。

一方で、世間に一般的に受け入れられている美の概念が、自分の身体イメージを変えようとする要因にもなります。つまり、完璧な体という自分の理想を実現できない場合に、深刻な摂食障害を引き起こす可能性があります。

摂食障害の症状

摂食障害の最善の治療法は、早期診断を受けることです。早期診断により、患者は状況にどう対処するかという方法を学ぶことができるため、摂食障害に一生苦しむ可能性が低くなります。

摂食障害の最も一般的な症状は次のとおりです。

  • 減量への強いこだわり
  • ゆがんだ身体イメージ
  • 無月経(女性の月経の欠如)
  • 食品の消費量の低下
  • 性的欲求の変化
  • 一般的に不健康で、常に倦怠感がある
  • 乾燥肌と抜け毛
  • 体重の大幅な減少
    サドレキシアって何?患者が受ける影響について 摂食障害

摂食障害を発症する人々は、悲しみや落胆などの否定的な感情に支配される傾向があります。摂食障害の患者は、快適だと感じるような心地よい感情を経験することが困難であり、絶え間なく他人から自分が受け入れられたいという必要性を感じています。

サドレキシア:新しく危険な摂食障害

ほんの数年前まで、サドレキシアは単独の摂食障害として特定されていませんでしたが、現在はサドレキシアとして認知されており、特に青年の間で比較的頻繁に診断され始めています。

サドレキシアなどの摂食障害の発症を防ぐためには、正しい教育が不可欠ですが、生活習慣も大切な要因の一つです。幼い頃からソーシャルネットワークなどのコミュニケーション手段に過度にさらされることにより、理想的な肉体を探求することにばかり気を取られ、本記事でご紹介したような、食べ物との奇妙な関係を生むきっかけになる可能性があります。

このタイプの摂食障害は、迅速に行動することが不可欠という点に留意してください。また治療には、幅広いアプローチが必要になります。サドレキシアの症状だけでなく、さまざまな面で問題の根本的な原因を治療する必要があります。治療されないまま問題が残れば残るほど、その影響により、患者に永続的なダメージを与える可能性が高くなります。

こちらの記事もおすすめ
健やかな体を保つために適切なダイエットを
Fit Peopleで読むことができます。 Fit People
健やかな体を保つために適切なダイエットを

健康的な食事は質の高い毎日を約束するものなので非常に大切です。心身ともにメリットが多く、自分に自信を持ち自分を愛することにもつながります。ですからバランスの取れた適切なダイエットを心がけるとどんなに多くのメリットがあるかということをぜひ学んでいきましょう。



  • Gravina G., Milano W., Nebbiai G., Piccione C., Capasso A., Medical complications in anorexia and bulimia nervosa. Endocr Metab Immune Disord Drug Targets, 2018. 18 (5): 477-488.
  • Wang TJ., Vitamin D and cardiovascular disease. Annu Rev Med, 2016. 67: 261-72.