お尻と脚を同時に鍛えるエクササイズ!

おしりと脚を同時に鍛えられるエクササイズで理想のボディーを手に入れましょう!
お尻と脚を同時に鍛えるエクササイズ!

最後の更新: 21 2月, 2020

お尻や脚のコンプレックスが原因で悩んでいませんか?今回の記事は悩んでいるあなたにピッタリの内容です。お尻と脚をピンポイントで同時に鍛えられるエクササイズをいくつか紹介したいと思います。ブヨブヨボディーに別れを告げ、憧れのボディーを手に入れて自尊心もアップさせちゃいましょう!

ピンポイントで鍛えることにより、結果も早く出やすくなります。なので次の効果的なエクササイズを日々のエクササイズに組み込んでみましょう!

脚とお尻:スクワット

スクワットは非常に一般的なエクササイズで、脚とお尻を鍛えるにはとても効果的です。スクワットは、ハムストリングス、大殿筋、と腹筋に集中します。また、カロリーを消費し、膝のアライメント(調整)もできるのです。

スクワットを行うには膝を椅子に座るかのように曲げることです。背筋を真っすぐにして、足は地面にしっかりつけます。スクワットのフォームを崩さないことはとても重要です。フォームが崩れればしっかり筋肉を鍛え上げることができません。

キックバック

キックバックはお尻、背中、そしてハムストリングスを鍛えるエクササイズです。

方法は簡単です。まず両手を地面につけます。背中を真っすぐにしたまま、片脚を後ろに伸ばしてできるだけ上に上げます(エクササイズを行ってるときにおしりと背中の筋肉が働くのを感じます)。最後に元の位置に戻り、両足で同じ動きを繰り返しましょう。

 

スクワットジャンプ

このエクササイズはかなり体力を使いますが、その分効果的です。スクワットジャンプは血液の循環力を改善して、お尻を丸く仕上げてくれるのです。普通のスクワットとの違いはスクワット体勢に入る前に一度ジャンプすることです。

おしりと脚を同時に鍛えるエクササイズ!

ラテラルキックス

ラテラルキックは胴体とウェストを鍛えます。さらに脚、腹筋やお尻の筋肉を引き締めるのです。真っすぐ立ち片手を椅子または壁に当てます。そしたら片脚を横に伸ばし、地面に触れず下げます。もう片方も同じ動きです。

ヒップレイズ

腰を鍛えることにより腹筋と脚を引き締めることができます。さらにヒップライズはふくらはぎとお尻をトーンアップできます。クランチ仰向きで休み、膝をと同じ用に曲げてください。ですがこのエクササイズでは脚を肩幅ほど広げます。両手を地面につけたまま、腰をゆっくり上げ、また下げます。この動きで1レップとなるのです。

ラテラルスクワット

ラテラルスクワットはスクワットの一種で、下半身を効果的に鍛えられます。普通のスクワットとは違って少し難易度が高く、体を片脚だけでサポートします。

まず背筋を伸ばして立ちます(重りなどを胸に当ててさらに筋肉を増やせます)。次に右に脚を出し、スクワットのように膝を曲げましょう。左脚は伸びた状態になり、スタートポジションに戻ります。次に左脚を出して同じ動きを繰り返すのです。

ジャンピングジャックス・縄跳び

ジャンピングジャックスや縄跳びはお尻と脚を鍛えるために効果的なエクササイズの一つです。

筋肉を鍛えるだけでなく、持久力アップにもつながります。飛ぶ回数を数えるより、2~3分でできるだけ運動する方が効果的でしょう。

努力をすれば、あなたが望むボディーを手に入れるのは可能なことです。しっかり引き締まった脚やお尻、その他にも腹筋や背筋もばっちり鍛えられます!水分補給はしっかり取り、何よりエクササイズのフォームなどを正しく行うことです。変化もそうすればもより早く出てくるでしょう!

最後に、エクササイズや運動はあなたの体形のためだけではありません。健康的な生活を送るには必要不可欠で、間接や靭帯、筋肉の手入れにもなるのをお忘れなく。

それはあなたに興味があるかもしれません...
タバタ式トレーニングとは?
Eres DeportistaLeerlo en Eres Deportista
タバタ式トレーニングとは?

長期的なゴールを達成するためのトレーニング方法は、私たちの誰もが求めているトレーニングでしょう。HIITトレーニング(高強度インターバルトレーニング)については別の記事でご紹介していますので、今回は タバタ式トレーニング についてお話しします。