ボディービルがカップルの生活に与える影響

31 12月, 2019
しっかりと計画された身体活動を実践することは、心身の健康に大きな利益をもたらします。これは素晴らしいことですが、諸刃の剣となる可能性があります。不適切な方法で実践することで、破壊的な結果を生み出す可能性があることを忘れないようにしましょう。
 

ボディービルには、心身の健康を改善したり向上させるという目的以外にも、見た目を美しくしてコンテストなどでそれを発表するという目的があります。

ボディービルをする目的には個人差がありますが、この競技はどの場合も周りの人からの注目を集めます。

このボディービルが、恋人や配偶者がいるカップルの人の生活にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

スポーツや運動は、カップルが二人で一緒に行うときだけでなく、片方だけが行うときにも、カップルとしての関係に影響を及ぼします。

筋肉を増強して美しく見せるボディービルを極めようとするときに、カップルの関係を「破壊」させる可能性があります。

これはどういうことなのでしょうか?

ボディービルとカップルとしての生活

運動やスポーツを実践することがカップルの関係にどのような影響を及ぼすかを分析をするとき、2つのケースが考えられます。

カップルのうちで一人だけが運動やスポーツを始めた場合と、両者が一緒に行う場合です。

2人のうちの1人だけが行う場合、美的な観点や行動パターンのバランスの乱れが起こります。

夫婦が強い絆を持っている場合は、ボディービルをパートナーの趣味や楽しみとして敬意を払うことができますが、そうでない場合が問題となります。

二人が一緒に行う場合は、心の絆、そして心理面や身体面での結びつきや利点を強化するでしょう。

続きを読む:より良く生きるために大切なこと

ボディービルの特徴

筋肉を発達させることを目的としたボディービルの方法には、いくつかのタイプがあります。

一般的には、スポーツパフォーマンスよりも、見た目をよく見せることに重点を置きます。

もちろん、ボディービルのために体を鍛えることでスポーツパフォーマンスが向上するため、この二つは密接に関連しています。

ボディービルは常識と適切な計画を持って行われなければなりません。

ボディービルにおいて何かを過剰に行うと、心身へ有害な習慣となる恐れがあります。

ボディービルがカップルの生活に与える影響 体を鍛える女性


心身の成長と進化

ボディービルで体を鍛える過程において、身体的な発達だけではなく心理面でも大きく成長します。

これが、ボディービルをすると心身の健康に良い影響を与えると言われる理由です。

しかしその方法を間違えると、健康に害を与えるものとなりかねません。

こちらもご参考に:割れた腹筋:一般的な誤解と真実

正しいボディービルの実践

健全なアプローチでボディービルを実践すれば、心身への高い効果が期待できます。

さらに、毎日の生活習慣を改善するモチベーションが高まり、様々な利点が生まれます。

  • 自尊心の向上
  • スポーツや運動以外でも日常の問題に取り組む力が向上する
  • ジムなどで他のボディービルダーとの交流により社会的共感力が向上する
 
  • ストレスの解消
  • 不安感、うつ症状、イライラの軽減
  • 脳機能の改善
  • 老年期発症する可能性がある精神疾患への予防効果

カップルの日常生活における、ボディービルの生理学的利点をご紹介します。

不適切なボディービルの実践

不適切なボディービルの実践には、トレーニングへの過剰な依存、違法物質の使用、過剰な食事制限などが含まれ、以下のような負の効果をもたらす可能性があります。

  • 過敏症の増加
  • オーバートレーニングまたはバーンアウト:適切に管理されていない過度の運動が原因です。
  • 極度の疲労
  • 調和や共存する意志の欠如
  • 脳へのエネルギー源が減少
    ボディービルがカップルの生活に与える影響
  • 神経の早期老化
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 免疫力の低下
  • 肝臓、皮膚、心臓、さらには脳に影響を及ぼす可能性のあるさまざまな病気を発症するリスク

ポジティブな効果

カップルが健康的なスポーツを行うと、お互いがリラックスした気分を得る効果があります。

特に、二人が一緒にスポーツや運動をする場合は、二人の関係に亀裂が入ったり距離ができるのを回避する良い方法となります。

実際、ジムなどに一緒に行くカップルが多いだけでなく、ジムなどで出会った恋人や夫婦も少なくありません。

二人が一緒にスポーツや運動を行うことで、身体的にもお互いが魅力的になり、性生活にも良い影響を与え、相手への愛情が長続きする効果が期待できます。

また、一人だけがスポーツや運動を行う場合も、相手の趣味や楽しみに理解と敬意を示し、相手が運動によってより美しさをますことで、相手により惹かれていく効果があるでしょう。

カップルが運動やスポーツ、ボディービルを行う場合は、相手への愛情と敬意を忘れず、二人の関係におけるバランスを見つけることが大切です。

 
  • American Academy of Pediatrics. Committee on Sports Medicine and Fitness.
    Adolescents and Anabolic Steroids: A Subject Review. Pediatrics Vol. 99 No. 6
    June 1997, pp. 904-908.
  • Anderson, K., Niesenblat, V. & Norman, R. (2010). Lifestyle factors in
    people seeking infertility treatment. A review. En: Australian and New
    Zeland Journal ofObstetrics and Gynaecology, 50, 8-20.
  • Boots, C. & Stephenson, M. (2011). Does obesity increase the risk of
    miscarriage in spontaneous conception: A systematic review. En: Seminars
    inReproductive Medicine, 25, 1123-1126.
  • Benson, H.; Dryer, T. y Hartley, L.H. (1978). Decreased VO2 consumption during
    exercise with elicitation of the relaxation response. Journal of Human Stress, 4,
    38-42.