エネルギー代謝について理解しよう!

16 9月, 2020
エネルギー代謝は、細胞レベルで起こる一連の生物学的プロセスで構成され、エネルギーを生成し、体の構造を維持するために使用されます。本記事で、エネルギー代謝について詳しく説明します。

栄養学の世界を深く学び始めると、代謝と呼ばれる概念などが登場します。多くの場合、運動をする人やスポーツ選手は、新陳代謝が実際に何であるかということに対しては、漠然とした考えしか持たず完全には理解していないことがあります。今回は、エネルギー代謝の概念をさらに掘り下げ、その内容について理解を深めることを目指します。

エネルギー代謝とは?

最初に、私たち人間の体は、運動などの力学的な機能を実行するだけの存在ではないのだということを認識しましょう。人間の体は、常に、体温の調整、食物の消化、ホルモン分泌など、さまざまなエネルギー消費のプロセスを実行しています。

これは、細胞レベルで要因を見ていくとよりわかりやすいでしょう。体のすべての細胞は、生存を続けるために十分なエネルギーと酸素の供給を受けなければなりません。

細胞自体が栄養素を受け取り、解糖系やクエン酸回路(TCA回路)などの複雑なプロセスで栄養素を使用することでエネルギーを得ています。さらに、一部の作用は細胞に損傷を与える可能性があるため、正常に機能し続けるためには、細胞の修復が必要です。

今回の最後の段落では、同化作用と異化作用の概念、つまりエネルギー代謝の2つの基本的なプロセスについて簡単に説明します。代謝は、顕微鏡および肉眼レベルで発生する一連の生化学的および生理学的反応のとして定義できます。その目的は、身体的インテグリティを維持し、生き続けることを可能にすることです。これら2つの概念を詳しく見ていきましょう。

エネルギー代謝:異化作用

異化作用は、細胞が大きな化合物からエネルギーを得て、それらを燃料として使用するプロセスです。細胞は脂肪やタンパク質をエネルギー源として使用することもできますが、グルコースまたは砂糖が、一般的なエネルギー源の一つです。

エネルギー代謝について理解しよう! バーを食べる女性

異化作用においては、大きな分子が小さな分子に分解され、エネルギーが体内に放出されます。これは体の生存に不可欠ないくつかの重要な機能を維持するのに役立つ重要なエネルギーです。

スポーツ栄養学の世界で頻繁に登場するもう1つの概念は、基礎代謝率という概念です。これは、身体が重要な機能を実行するために必要なカロリー量を指しますが、身体活動中に消費されたカロリーは数えません。これらのカロリーは、私たちが1日中食べる食べ物を異化することによって、または脂肪など貯蔵してあるエネルギーから得られるカロリーです。

エネルギー代謝:同化作用

同化作用は異化作用とは反対のプロセスであり、小さな分子から合成される大きな分子を指します。同化作用は吸エルゴン反応なので、それを実行するにはエネルギーが必要です。ご想像のとおり、同化作用は体全体の構造を修復する役割がある、基礎代謝率を決定する上で重要な要素です。 同化作用の例の一つが、激しい運動後の筋肉組織の修復です。

同化作用は、細胞がより容易に分化することを可能にするため、異なる身体組織における細胞再生を行う役割も担っています。

同化作用は、筋肉量を増やし、運動時のパフォーマンスを改善するために不可欠です。実際、同化ステロイドホルモンという名前は、このプロセスに由来しています。これは。ステロイドが得られるテストステロンなどのホルモンの同化効果を模倣することによって機能します。

エネルギーバランスがなぜ重要なのか?

エネルギー代謝が同化作用と異化作用の間、つまりエネルギーを生成するプロセスと使用するプロセスの間でバランスをとる作用であることを学ぶと、エネルギーバランスの概念を理解し始めることができます。

人体はカロリーを燃焼する機械のような存在です。人間は基礎代謝率と身体活動の両方を含め、1日あたり平均すると約2,000カロリーを消費します。エネルギーを消費が激しいスポーツ選手の場合は、1日あたり最大で3,000または4,000カロリーを消費することがあります。

エネルギー代謝について理解しよう! 低カロリーの食事

これらのカロリーは、食物とエネルギーの両方から得ることができますが、1日の食事量によって、カロリー不足またはカロリー超過の状態になることがあります。このカロリー不足や超過が、体重の減少や増加に繋がります。

脂肪燃焼に焦点を当てた食事は、カロリー不足の状態を維持するという考えに基づいています。逆に、運動でのパフォーマンスを最大限に活用して、筋肉組織の増大を目指す人は、必要な栄養素を多くとる、カロリー超過という方法を行う必要があります。

自分自身の代謝を理解することの重要性

この記事では、シンプルな言葉を使いエネルギー代謝の基本原理をご紹介しました。このプロセスには、私たちの体が生き続けるために不可欠な同化作用と異化作用を含む、一連の反応が含まれます。

また、学術面での様々な情報源を活用し、エネルギー代謝について自分でも色々調べることをお勧めします。エネルギー代謝について学ぶことは、自分の体を理解し、さまざまな方法でフィットネスでの目標を達成する最良の方法の一つと言えるでしょう。

  • Ravussin, E., & Bogardus, C. (1992). A brief overview of human energy metabolism and its relationship to essential obesity. In American Journal of Clinical Nutrition (Vol. 55, Issue SUPPL. 1). American Society for Nutrition. https://doi.org/10.1093/ajcn/55.1.242s
  • Lam, Y. Y., & Ravussin, E. (2016). Analysis of energy metabolism in humans: A review of methodologies. In Molecular Metabolism (Vol. 5, Issue 11, pp. 1057–1071). Elsevier GmbH. https://doi.org/10.1016/j.molmet.2016.09.005
  • Galgani, J., & Ravussin, E. (2008). Energy metabolism, fuel selection and body weight regulation. In International Journal of Obesity (Vol. 32, Issue SUPPL. 7, p. S109). NIH Public Access. https://doi.org/10.1038/ijo.2008.246
  • Physical activity and resting metabolic rate. – PubMed – NCBI. (n.d.). Retrieved May 1, 2020, from https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14692598