ヒップアップのための重要なヒント

ジムに入会する人の最も共通した目標の一つにもかかわらず、ヒップアップを達成するのは必ずしも簡単ではありません。抑えておくべき要因はいくつかあります。
ヒップアップのための重要なヒント

最後の更新: 30 1月, 2020

臀部は背中の下部にあり、人間と一部の動物しか持っていない脂肪と筋肉から出来ている組織です。歴史を通じて臀部は体の魅力的な部分と考えられてきましたが、見た目の美しさだけでなく、引き締まった臀部を手に入れることは、他にも多くの良い点をもたらしてくれます。詳しく見ていきましょう。

臀部を鍛える運動をすると、ヒップが引き締まり形が美しくなりますが、同時に、姿勢が良くなり腰痛も軽減されます。目覚しい結果を得るために、重要なヒントをいくつかご紹介します。

引き締まっていて強く滑らかなヒップは、どんな服装でも美しく見えますし、健康の象徴でもあります。ヒップアップのためには、スクワットを何度もする必要があると言われています。それも効果はありますが、他にもヒップアップのための重要なヒントはたくさんあります。

1.ウェイトを使う

体の重さだけを使ったアイソメトリックエクササイズや心血管系を鍛えるエクササイズは、格好いいお尻を手に入れるためには不可欠です。しかしバーベルなどを追加すれば、さらに強化され、お尻は更に引き締まってくるでしょうウェイトを使ったエクササイズをいくつかご紹介します。

  • バーベル:バーベルはジムやフィットネスの世界では一般的で、デッドリフトやスクワットをなどのエクササイズをすることができます。
  • 足首のウェイト:臀部に直接繋がっている筋肉に、ウェイトの負荷がかかるので、ヒップアップ効果があります。基本的には、ジョギング、足の上げ下げ、縄跳びなど、頭に浮かぶ運動は何でもできます。
  • ロシア発祥のケトルベル:体のいくつかの部分を鍛えたいなら、ケトルベルがおすすめです。臀部に効果があるエクササイズは、両手でケトルベルを持って行う相撲スクワットです。
ヒップアップ

2.プロテインシェイクを飲む

タンパク質はアミノ酸によって形成された高分子で、人間と動物の栄養に不可欠です。タンパク質が筋肉に果たす役割はとても重要で、タンパク質は筋肉を強化して、運動によって起きる微細な筋肉断裂をサポートします。

一方で、タンパク質はエラスチンとコラーゲンの供給源でもあるため、引き締まったヒップには不可欠です。これらの成分は、組織を硬く柔軟にするのを助けます。バランスの取れた食事にはタンパク質を含んでいることが必要です。筋肉の調子を整えて強化したい人は、かなりの量のタンパク質を摂取するのが良いでしょう。

ヒップアップ

一番おすすめなのはプロテインシェイクを飲むことです。これは実践的で手っ取り早い方法で、確実に十分なタンパク質を摂取することができます。栄養面から見ると、このシェイクを運動の前と後に飲むことを習慣にするのがおすすめです。またプロテインシェイク以外にも、サプリメントや自然な食品からもタンパク質は摂取できます

3.有酸素運動をする

筋トレを強化することばかりに注目されますが、ヒップアップには有酸素運動も必要です。筋肉についた脂肪を減らすことにより、筋肉組織はより硬さを増します。カッコいいお尻が手に入るだけでなく、有酸素運動は体にもとても良いです。

4.トレーニングを継続する

ヒップアップを目指すなら、運動のリズムを維持することも大切です。散発的にトレーニングをして、目標に達した気になっても仕方ありません。出来ることをモチベーションを失わずに行うこと、そしてエクササイズの日課を続けることが重要です。

信じられないかもしれませんが、目標達成には心理的な面が大きく影響します。特にヒップアップをお望みなら、なおさらです。ゴールに向けてモチベーションを維持する方法はたくさんあります。とにかく目標に向かってトレーニングするのみ。全ての情熱を注がなければ、時間の無駄に終わるでしょう。

ヒップアップのためのトレーニングは複雑なことは何もありません。お伝えしたヒントを参考に、あとは意思と継続する力があれば十分です。カッコいいお尻が手に入るだけではなく、健康と自尊心も向上するはずです。さあ、実践してみてください!

This might interest you...
有酸素運動でスリムダウンするためのアドバイス
Fit People
で読むことができます。 Fit People
有酸素運動でスリムダウンするためのアドバイス

有酸素運動 を行いながら減量したり、体を スリムダウン することを目標に頑張っているときには、自分の目標により到達しやすくなる方法を見つけることが大切です。運動のしすぎや、過剰に食事を減らすなどの間違った方法は、辛いだけでなく目標から逆に遠ざかるリスクがあります。