休暇後ジムに戻るために覚えておくべきこと

休暇後にジムに戻る場合は、モチベーションを維持するための効果的なアドバイスを活用してください。ここからは、最も効果的なアドバイスをご紹介します。
休暇後ジムに戻るために覚えておくべきこと

最後の更新: 29 11月, 2020

休暇後に、ワークアウトルーチンを再開するのは簡単なことではありません。実際、クリスマスや年末の休暇後は、怪我のリスクが高まるだけでなく、筋肉痛からの回復が容易ではなくなります。今回の記事では、ジムに戻って最大限のパフォーマンスを行うために必要なアドバイスを詳しく説明します。

運動習慣が身につくと、まるで「自動的」であるかのように運動を習慣として行うことができます。つまり、ジムに行くのが義務ではなく自然な行為になります。しかし、短期休暇、1か月、2か月、または場合によっては1年ジムから離れた場合、ジムに戻る動機を見つけるのがとても難しくなります。

ここでの問題は、どうやってこれまでのルーチンに戻ることができるのかという点です。この質問を何度も自問したことがある場合は、身体活動に戻るためのやる気を起こす必要があるかもしれません。

これまでアクティブではない生活を続けていた人も、そのことは一旦忘れ、ジムに戻るためのアドバイスをぜひ確認してください。

ここからは、最も重要なアドバイスをご紹介します。

ジムに戻るためのアドバイス

1.軽いトレーニングから始める

ジムに戻るために考慮に入れるべき最初のアドバイスは、軽いトレーニングから始めることです。これまでのルーチンに戻るのに苦労していて、ジムでの運動に圧倒されそうだと感じている人は、まずは簡単な運動から始めることをお勧めします。

休暇後ジムに戻るために覚えておくべきこと ウォーキング

ジムでウェイトリフティングをした後、運動量が多すぎると感じるのであれば、筋肉を動かして暖めることを目的として、散歩に出かけるのが最善の方法です。この組み合わせに満足し始めれば、すぐにジムでの健康的な習慣に戻ることができるでしょう。

2.運動をするとどれだけ気分が良くなるかを思い出す

運動をすることで、どれほど気分が良くなるのかを思い出してください。また、運動の結果ではなく運動をするための努力に集中しすぎることがあります。

ジムに復活してすぐは、トレーニングそのものが難しい場合がありますが、それでも、最後は常に気分が良くなる状態に戻ります。

したがって、ジムに復活するモチベーションが必要な場合は、トレーニングが終わったら最高の気分になることを覚えておきましょう。筋肉痛は起こりますが、運動が終わった時の喜びには何もかないません。そして、運動したことを後悔することはないでしょう。

3.ルーチンを作成する

まるで1日のスケジュールの中の決まった儀式のように、運動のルーチンの作成して習慣化することをお勧めします。

トレーニング時間を決めずにいると、ルーチンを決めることで得られるメリットやモチベーションを得るのが難しくなります。

これが、ルーチンとワークアウトプランを同時に作成することをお勧めする理由であり、ジムに行くことが自然な習慣になるのに役立ちます。

4.好きな運動をする

ジムでは自分の苦手な運動をするべきだという間違った考えを持っている人が多くいます。そして苦手な運動をしながら、なぜ運動が続かないのか疑問に思うかもしれません。

例えば、トレッドミルでのランニングが本当に苦手な人は、無理にトレッドミルを使うのではなく、自転車に乗ったり水泳をするなど、別の有酸素運動を検討することをお勧めします。

本当に楽しいエクササイズは、それだけでジムに定期的に行って運動をするモチベーションになります。常に運動への興味とモチベーションを維持できるように、運動を変えることも検討してください。

大切なのは運動の量ではなく質であることを忘れないでください。すべてのトレーニングセッションから最大限の効果を得るために、ジムにいる間のワークアウトを最大化しましょう。

休暇後ジムに戻るために覚えておくべきこと パーソナルトレーナー

5.パーソナルトレーナーのサポートを受ける

ジムに戻るために必要なモチベーションを維持する最後の方法は、経験豊富なパーソナルトレーナーと協力することです。どのパーソナルトレーナーに頼んだらいいのかわからない場合は、周囲の人にお勧めのパーソナルトレーナーを紹介してもらうのも良いでしょう。

ただし、すべてのパーソナルトレーナーが同じトレーニングスタイルを持っているわけではありませんし、相性があることを忘れないでください。

実際、パーソナルトレーナーがいてもやる気が起こらない場合は、自分には合わないパーソナルトレーナーである可能性があります。この場合は、他のパーソナルトレーナーを試すべきかもしれません。

自分にぴったり合うパーソナルトレーナーと出会えば、トレーナーとのセッションをサボることもないでしょう。

今回ご紹介したように、ジムからしばらく離れた後、これまでのワークアウトに戻るのは気が進まないかもしれません。しかし、本記事でご紹介したアドバイスを活用すれば、ジムに戻ることができます。

また、ジムでのトレーニングセッションの前後には、適切にストレッチすることを忘れないでください。さあ、始めましょう!

This might interest you...
アームエクササイズのルーティーン:4つの注意点
Fit People
で読むことができます。 Fit People
アームエクササイズのルーティーン:4つの注意点

ジムなどに通っているうちに、だんだん体が筋トレやエクササイズの ルーティーン に慣れてきます。その結果、筋トレしてもあまり筋肉が刺激されなくなります。ですので、普段の筋トレルーティーンに負荷を増やすなどの工夫を頻繁に行う必要があるのです。 アームエクササイズ ( 腕の筋トレ )について詳しく見...



  • Capdevila, L., Niñerola, J., & Pintanel, M. (2004). Motivación y actividad física : el autoinforme de motivos para la práctica de ejercicio físico (AMPEF). Revista de Psicología Del Deporte13(1), 55–74. Retrieved from http://www.rpd-online.com/article/view/261/capdevila 131
  • Molinero, O., Salguero Del Valle, A., & Márquez, S. (2011). Autodeterminación y adherencia al ejercicio: Estado de la cuestión. RICYDE: Revista Internacional de Ciencias Del Deporte7(25), 287–304. https://doi.org/10.5232/ricyde2011.02504