最もカロリーを多く消費する運動のタイプとは?

カロリーを消費するためには、運動強度と筋力トレーニングの両方に焦点を当てたトレーニング計画を立てる必要があります。実践するエクササイズに応じて、燃焼するカロリー量がどう異なるかについて学んでいきましょう。
最もカロリーを多く消費する運動のタイプとは?

最後の更新: 10 1月, 2021

運動はカロリーを燃焼する最良の方法ですが、すべての運動が同量のカロリーを消費するわけではありません。したがって、毎日必要なエネルギー量を定量化し、それに応じた食事法とトレーニングルーチンを計画することが不可欠です。そして、常にどのタイプの運動が最もカロリーを消費するかを念頭に置くことが大切です。

健康な状態を保ちながら、運動時のパフォーマンスを達成するには、特別な状況を除いて、カロリー摂取量は燃焼するカロリーと密接に連携している必要があります。今回の記事では、実践する運動のタイプに応じてどの程度カロリーを燃焼するのかについて学びます。これは、カロリー摂取量を正しく計算するのに役立ちます。

カロリーを燃焼するための多関節運動

特定の活動におけるエネルギー消費に影響を与えるものの1つは、その活動時に作動している筋肉数です。使用する筋肉が多いほど、体が必要とするカロリー量は高くなります。

Applied Physiology, Nutrition, and Metabolismに掲載された調査研究によると、CrossFitなどの多くの筋肉を使うトレーニングでは、10分間のセッションあたり約200カロリーを消費します。

オリンピックの種目でもある重量挙げは、トレーニングセッションにおけるカロリー燃焼量を増やすのに最適です。また、スクワットやデッドリフトをルーチンに加えると、エネルギー消費量を増やすのに役立ちます。ただし、これらのエクササイズには技術面の複雑さが伴うため、資格のある専門家の監督の下で行う必要があります。

最もカロリーを多く消費する運動のタイプとは? ケトルベルワークアウト


激しい運動を伴うカロリー燃焼

目標がエネルギー消費量を増やすことである場合、高強度の身体活動を選択することが不可欠です。実際、トレーニングセッションでは、有酸素運動よりも多くのカロリーを消費することができます。

Obesity Reviews誌に掲載された研究によると、高強度インターバルトレーニングは中程度の強度の運動よりも効率的に減量を促進します。

同様に、筋力に重点を置いたスポーツは、トレーニングセッションが終了するとカロリー消費量が増加します。さらに、これらは筋肉肥大につながります。

代謝面では非常に活発な筋肉組織が増えるとカロリー燃焼が増加し、基礎代謝率も増加します。そのため、より早く体重を減らしたいという目標がある場合は、最初に筋肉量を増やすことをお勧めします。

カロリー消費が最も少ない有酸素運動

筋力トレーニングと比較して、有酸素運動を行う際、私たちの体が必要とするエネルギーは低くなります。ただし、有酸素運動を継続して行うと、時間の経過とともにカロリーの消費が持続することが多いため、低強度の有酸素運動の場合は、長時間運動をする身体活動を実行することでカロリー燃焼が起こります。

時間がない場合、より多くのカロリーを燃焼するために行う最も良い方法が、筋力トレーニングです。時間に余裕がある場合は、同様の効果を達成するために、低強度で長期間のトレーニングプログラムを検討することもできます。しかし、長時間のトレーニングは除脂肪組織の喪失につながる可能性があり、筋肉量の減少につながる可能性があることに留意しましょう。

最もカロリーを多く消費する運動のタイプとは? 街中のランニング

いずれにせよ、エクササイズを選択する際に最も重要なことは、エクササイズ中に消費するカロリー数ではなく、エクササイズをどれだけ快適に感じるかです。誰もが「もう無理だ」と音を上げるような運動ではなく、自分にとって楽しいアクティビティを見つけてください。

すべての運動が同じ数のカロリーを消費するわけではない

私たちの身体が必要とするエネルギーは、実践する運動のタイプによって異なります。高強度な多関節トレーニングはカロリー燃焼を大幅に増加させますが、有酸素運動や持久力を必要とする運動は、この点でそれほど影響力がありません。

目標が体重を減らすことであるならば、多くの筋肉群を含む多関節運動を選ぶことを勧めます。最良の結果を得るには、高強度または中強度のトレーニングを行う必要があります。また、有酸素運動が好きな場合は、より多くのカロリーを消費するために、通常より長い時間を費やす必要があることを忘れないでください。

最後に、専門家の監督の下での正しい運動をすることが大切です。その結果、怪我のリスクが減り、長期的な健康を維持するのに役立つでしょう。また、最大の効果を得るためには、運動だけでなく健康的な食生活を始めることが大切です。

こちらの記事もおすすめです。
有酸素運動とウェイトリフティング:よりカロリーを燃焼するのはどっち?
Fit Peopleで読むことができます。 Fit People
有酸素運動とウェイトリフティング:よりカロリーを燃焼するのはどっち?

カロリーをより多く燃焼して減量につなげるには、どんな運動をするのが一番良いのか、多くの議論がなされています。有酸素運動が唯一効果があると言う人がいる一方で、ウェイトリフティングや他の無酸素運動が一番効くと言う人もいます。カロリー燃焼に効果的な運動を選ぶ前に、いくつかの要因を考慮しておく必要があ...



  • Schubert MM., Palumbo EA., Energy balance dynamics during short term high intensity functional training. Appl Physiol Nutr Metab, 2019. 44 (2): 172-178.
  • Wewege M., Den Berg R., Ward RE., Keech A., The effects of high intensity Interval training vs moderate intensity continuous training on body composition in overwight and obese adults: a systematic review and meta analysis. Obes Rev, 2017. 18 (6): 635-646.