ストレッチをすると痛い?

20 5月, 2020
運動前後のストレッチは欠かせません。そのストレッチにも、従うべきルールがあります。ストレッチをする時は、筋肉の緊張のみを感じ、痛みを感じるべきではありません。
 

健康のために運動を始める人はますます増えてきています。天気のいい日に公園で運動をしている人の数を見ただけでもそれは明らかです。しかし、ストレッチの大切さを理解していない、あるいは、ストレッチをする時、痛みを感じるべきではないということを知らない人がいます

アスリートの多くは、少なくとも10分のストレッチが必要だと理解しています。しかし、多くの人がこの事実を無視し、ケガの原因にもなっています。

ストレッチで重要になるのは、時間だけでなく、安全に正しく行うことです。ストレッチの仕方、そして、いつすべきかに関し、知っておくべきルールがあります。もっとも気を付けなければならないのは、痛みです。

ストレッチをする時、痛みを感じるのであれば、何かがおかしいと言えます。

ストレッチで痛みを感じない、正しい方法をみていきましょう。

ストレッチの重要性

完全な運動には、ストレッチが欠かせず、また、ケガを防ぐことにもなります。5~10分のストレッチで体に非常に良い効果を得ることができます

激しい運動の後のストレッチは、筋肉を回復しやすくします。また、次の日の激しい筋肉痛を緩和します。ストレッチをする時は、体の各所に軽い緊張を感じる程度にしましょう。痛みを伴ってはいけません。

また、ストレッチは体を柔軟にし、ケガのリスクを軽減します。筋肉が固く緊張していると、筋肉断裂のリスクが高まります。反対に、筋肉が柔軟であれば、断裂しづらくなります。

ストレッチをすると痛い

いつストレッチをしたらいい?

いつストレッチをすべきか、運動の前後どちらにすべきかに対するはっきりとした答えはありません。実は、ストレッチをしてから運動すると、筋肉が損傷しやすくなると主張する人もいます。

一方で、いつすべきかではなく、どのようなストレッチをするかに関しては、専門家による一致した見解があります。専門家によると、激しい運動の前に静的なストレッチはしない方がいいと言います。理想的なのは、動的で活発なストレッチで、関節の動きを組み合わせたものです。

運動の後のストレッチに関しては、多くの専門家が必要性を訴え、筋肉の健康にいい影響をもたらすと言います。しかし、ストレッチをする時、痛みではなく筋肉の緊張を感じることが大切だということを念頭にいれておきましょう

運動後、筋肉は温まっており、ストレッチをすると、筋肉の弾性の回復に役立ちます。この時、微細構造は傷ついており、ストレッチは乳酸の放出を促します。さらに、ストレッチは、腱や関節にも良いものです。

前屈 ストレッチをすると痛い
 

ストレッチをする時、痛みではなく緊張だけを感じるべき

ストレッチは、よく目にするような、足を延ばすだけのものでなく、すべての筋肉群を使うようにしましょう。ケガの予防のために、慎重にストレッチを行います。集中し、そして、呼吸を意識しましょう

ストレッチをする時、痛みを感じるほどすべきではなく、筋肉の緊張を感じる程度にしましょう。痛みを感じるのであれば、何かがおかしいため、すぐにやめてください。

より効果的にストレッチをするには、25~30秒キープするのがお勧めです。運動の後は静的に行いましょう。一定の姿勢でとまり、弾むような動きは必要ありません。深い呼吸、そして、痛みがあるかどうかを見極めるよう集中することがカギです。

まとめると、良いストレッチは激しい運動からの回復を促します。さらに、柔軟性を高め、ケガの予防にも繋がります。ストレッチは痛みを伴うべきではないということを覚えておきましょう。

  • Ayala, F., De Baranda, P. S., & Cejudo, A. (2012). El entrenamiento de la flexibilidad: Técnicas de estiramiento. Revista Andaluza de Medicina Del Deporte. Elsevier Doyma. https://doi.org/10.1016/S1888-7546(12)70016-3
  • Arajol, L. P., José, J., & Tirado, G. (2010). Sobre la aplicación de estiramientos en el deportista sano y lesionado. Apunts Med Esport45(166), 109–125. https://doi.org/10.1593/neo.81384