自宅隔離措置中の運動がなぜ大切なのですか?

25 5月, 2020
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、多くの国が外出の自粛や禁止を行なっています。自宅での隔離措置が私たちの健康に悪影響を及ぼさないためにも、自宅でのワークアウトを継続してください。
 

私たちが周りの人から離れたり自主的に隔離措置を講じるのには様々な理由があります。

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、このウイルスに感染するのを予防するためには、家の中に留まるのがもっと最善の予防策だとされています。しかし、隔離措置中でもいつもの運動をやめてはいけません。

自宅での隔離措置には、自主的に行う場合とと政府機関からの規制によるものがありますが、どちらの場合も、普段一緒に過ごす人以外の人とは接触を避けて過ごすことが大切です。

隔離措置とは何ですか?

大まかに言うと、通常の生活環境、例えば仕事などの環境から離れることを意味します。他の人から離れたり、習慣にしていたあらゆる行動から離れることが含まれます。

周りの人と社会的な距離を保ち、孤立するのは、私たちの心身の健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。ただし、新型コロナウイルス (COVID-19)の感染の拡大を予防するため、政府や地方自治体が外出の自粛を求めたり外出禁止令を出す場合、これは絶対に必要なことなのです。

隔離のタイプ(自発的または非自発的)に関係なく、隔離措置は私たちに広範囲に影響を与える可能性があります。ここからは、隔離措置と運動の関係を分析します。

隔離措置中のエクササイズ

予防として行う隔離措置中には、多くの人が座りがちなライフスタイルを引き起こし、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

主な推奨事項は、自宅での運動を中心に展開します。これにより、座りがちな生活とそれに伴う健康への悪影響を防ぐことができます。

自宅隔離措置中の運動がなぜ大切なのですか? 座りがちな生活

座りがちな生活とは何ですか?

運動不足と言い換えることもできる座りがちなライフスタイルは、21世紀の主要な健康問題の1つです。世界保健機関(WHO)によると、世界の人口の少なくとも60%が必要な身体活動を行っていません。

 

今回は、隔離措置によって私たちが座りがちな生活などの不適切な生活習慣に陥るのを予防するのを目的としています。隔離措置中は、自宅で積極的に運動することをお勧めします。

隔離中の運動の重要性

すでに述べたように、隔離措置中に運動を行う目的の一つが、運動不足の解消と座りがちな生活様式の防止です。座りがちな生活習慣に慣れてしまうと、身体的な健康状態だけでなく心理面でも私たちの健康に変化を与えます。

隔離中の食生活

運動不足に加えて、過剰なカロリーを摂取すると、私たちの体に悪影響を与えます。自宅での運動が必須であるのと同じくらい、できる限りバランスの良い食生活を送ることが大切です。

1日30分以上のワークアウトを行い、必要以上に高カロリーの加工食品などを避けることが大切です。

自分ではワークアウト計画が立てられない場合は、パーソナルトレーナーなどの専門家にオンラインや電話で相談する必要があるかもしれません。

孤立することによる感情障害

運動の重要性は、外見や体重増加だけがその理由ではありません。社会的孤立は多くの人に影響を与え、感情面での多くの問題を引き起こす可能性があります。

私たちの体と心は常に協調し、健康を維持するために必要な適切なバランスを生み出さなければなりません。自宅で運動することの重要性は、孤立化によって受ける可能性のある悪影響に対処することが、真の目的の一つです。

運動不足が心に負担をかけると、ストレスと不安が最初に現れます。これは、社会的な接触がゼロの状況で発生するホルモンの変化によるものです。

ホルモン障害

神経内分泌系は、穏やかなストレス状況によって起こる、体内の反応を打ち消すホルモンの放出を担当しています。ただし、この状況が一般的な指標を超えると、ホルモンの変化が発生する可能性があります。

孤立は、パニックや恐怖による過度のストレスの引き金となる可能性があるため、身体はホルモンの変化を起こしやすい傾向があります

私たちの体が制御せずに生成する主なホルモンの1つはコルチゾールで、通常の状況下では、コルチゾールは体内の恒常性につながるさまざまな代謝機能を実行する役割があります。

自宅隔離措置中の運動がなぜ大切なのですか? ストレスを感じている男性
 

ただし、異常な量の「ストレスホルモン」が生成されると、体に顕著な影響を与える症状を引き起こす可能性があります。それは、頭痛、疲労、高血圧、筋肉痛、けいれん、食欲不振などです。

結論:隔離措置中の運動は大切です

上記のすべての情報に基づいて、社会的孤立は身体のさまざまな側面に大きく影響し、心身の健康を損なう可能性がありますが、運動はこれらの問題を軽減する優れた代替手段です。

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックに対する隔離措置に対処し、それを遵守することが私たち全員の責任です。 家に閉じ込められているように感じても、ポジティブな気持ちで運動を続けてください。

 
  • Ledermann Dehnhardt, W. (1996). El hombre y sus epidemias a través de la historia. Rev. Chil. Infectol.
  • Andradas Aragonés, E., Merino Merino, B., Campos Esteban, P., Justo Gil, S., Gil Luciano, A., Zuza Santacilia, I., Terol Claramonte, M., & Santaolaya Cesteros, M. (2015). Actividad física para la salud y reducción del sedentarismo. Ministerio de Sanidad, Servicios Sociales e Igualdad.
  • Pineda, C. A. (2008). Metabolic syndrome: Definition, history, criterion. Colombia Medica.