Eres Deportista
 

臀部の痛みに役立つおすすめストレッチ

ストレッチは、臀筋や骨盤に関わる様々な部分の痛みを緩和するのに役立つ優れた方法です。今回ご紹介するストレッチエクササイズをお見逃しなく!
臀部の痛みに役立つおすすめストレッチ

頻繁に筋肉痛など様々な痛みに関連する問題が生じると、日常生活の様々な動きを制限する可能性があります。これは、体のどの部分でも影響を受ける可能性があるため、十分な注意を払い、痛みを和らげるためのストレッチが必要になる場合があります。

骨盤領域は、特にこのような症状が起こる場所の一つで、最も一般的な問題は臀筋の痛みです。これまでに痛みを感じたことはありますか?

答えが「はい」の場合は、このまま本記事をご覧になることをお勧めします。

もちろん、これまでに痛みを感じたことがないのは素晴らしいことですが、万が一の場合に備えて、ある程度の知識を持っておくのが良いでしょう。よく言われるように、予防は治療に勝るのです。ここからは、臀部の痛みを和らげるためのストレッチの推奨事項をご紹介します。

大殿筋の痛みについて

臀部やお尻の痛みの原因はさまざまですが、主な原因は一般的に筋肉の問題と関連していると考えられます。

お尻の領域で痛む可能性のある筋肉群に関しては、一般的に疲労の影響を受けます。場合によっては、より大きな問題の症状である可能性も考えられます。たとえば、梨状筋症候群や椎間板ヘルニアは、一般的に臀部の痛みが兆候として現れます。

もちろん、専門医の診察を受けて、痛みの真の原因を特定するのが理想的です。臀部に乳酸が蓄積することによる筋肉痛、または座りがちな生活習慣による筋痛だとわかっている場合はどうでしょうか?この場合は、臀部の痛みを軽減するための適切なストレッチがお勧めの方法の一つです。

臀部の痛みを緩和するストレッチ

大殿筋は体の中でも重要な役割を果たしています。この筋肉が伸びることで、腰をサポートするという、骨盤領域に安定性を与えるという働きがあります。臀筋の状態が悪いと、その領域と関わっている筋肉と関節が影響を受けます。

幸いなことに、ストレッチは臀筋を理想の形を保ち、痛みを避け、この筋肉が関連する怪我の可能性を減らすのに役立ちます。このことを念頭に置いて、ここでは臀部の痛みに役立つ、さまざまなストレッチを紹介します。

ニートゥーチェスト

できる限り、エクササイズマットなどに上に仰向けで寝てください。腰と膝を曲げて、膝をできるだけ胸に近づけます。

胸の位置に膝がきたら、手のひらで膝を所定の位置に保持し、胸に向かってさらに強く引きます。ストレッチを10〜30秒間そのまま保持した後、リラックスします。

片脚のニートゥーチェスト

臀部の痛みに役立つおすすめストレッチ ニートゥーチェスト

最初にご紹介した、ニートゥーチェストの位置から始めます。左脚を完全に伸ばします。両手をサポートとして使い、右膝を胸の位置までできるだけ近づけ、膝を手前に引きます。このストレッチの位置を10〜30秒間続けます。次に、反対の脚も同様に行います。

股関節屈筋のストレッチ

両脚をまっすぐ前に向けて座り、右脚を曲げます。冒頭の画像にあるように、脚を左側に伸ばし、左膝の後ろの床に右足を置きます。左脚は床にまっすぐになり、右脚が曲がっているように注意してください。

このストレッチを最大限に活用するには、左肘で右膝の外側に置いて、やや圧力をかけることをお勧めします。これにより、腰がさらに回転してストレッチを効果的に行うことができます。このストレッチは、12〜20秒で間保持する必要があります。

レッグリフト

脚をまっすぐ伸ばした状態で再びマットに横になります。片方の足を上に向かって空中で持ち上げます。脚を上げる場合は、膝を曲げた状態から始めて、その後脚をまっすぐに伸ばしましょう。

臀部の痛みに役立つおすすめストレッチ レッグリフト


手も使って、このストレッチを所定の位置で保持する必要があります。平らな地面の上に置いた脚の太ももに片手を置き、もう一方の手で上に上げている空中にある足のつま先を持ちます。この位置でストレッチを約20秒間保持してください。

臀筋のストレッチの詳細

今回ご紹介したストレッチは、臀部の痛みの緩和に役立ちます。これらのストレッチの利点は、ストレッチする領域の筋肉の血流を刺激して、不随意の筋肉収縮やけいれんを軽減することです。

今回の記事では、片側だけのストレッチ方法を記載していますが、これらのストレッチはすべて、左右均等に両側のストレッチを行うようにしてください。上記のすべてのストレッチを短いルーチンとして実行するのがお勧めですが、その場合は、各ストレッチの間に20秒の休憩を加えてください。

上記で述べたように、臀部の痛みはさまざまな要因によって引き起こされる可能性があるため、痛みの原因を特定することが大切です。ストレッチは、怪我を防ぎ、運動後の筋肉痛を軽減することを目的として、運動後に行う必要があります。

また、専門医や理学療法士による診察の結果、ストレッチを推奨する場合は、特に素晴らしい方法になるでしょう。今回学んだように、ストレッチは臀部の痛みを和らげる有効な方法です。

効果的に臀部を引き締める5つのエクササイズ

効果的に臀部を引き締める5つのエクササイズ

引き締まった下半身は、男女のどちらにとっても、健康面だけでなく、審美的な面で重要な意味を持ちます。今回の記事では、下半身のたるみやセルライトを解消するだけでなく、適度なボリュームと引き締まった臀部を手に入れるのに役立つエクササイズをご紹介します。



  • Semiología del dolor lumbar. (2010). Semiología Del Dolor Lumbar. https://doi.org/10.22517/25395203.787
  • Blum, B. (1998). Los estiramientos. In Métodos Actuales De Stretching. Desarrollan La Flexibilidad Y Elasticidad. Mejoran La Salud Y El Rendimiento. Alivian Los Dolores Articulares Y Evitan Las Lesiones.
  • Herbert RD, de N. M. (2007). Estiramiento para la prevención o la reducción del dolor muscular posterior al ejercicio. La Biblioteca Cochrane Plus.