鵞足炎について知っていますか?

鵞足炎は、何か問題を引き起こす原因となる可能性がありますが、正しく治療をすれば、完全に回復することができます。鵞足炎とは何でしょうか?
鵞足炎について知っていますか?

最後の更新: 07 3月, 2021

鵞足炎は、ランナーやアスリートに起こりがちな怪我の一つで、すべての腱炎の場合と同様に、回復するための特別なケアと治療が必要です。

正しい推奨事項に従わないと、鵞足炎が慢性化して、長い間スポーツから離れる必要が生じる可能性があります。鵞足炎という怪我に関する詳細と、できるだけ早く回復する方法を詳しく見ていきましょう。

腱炎とは何ですか?

基本から説明を始めましょう。腱炎とは何ですか?

私たちの動きを可能にする構造である腱は、筋肉と骨をつなぐ線維組織です。筋肉を収縮させるとき、腱が緊張します。したがって、腱に問題がある場合は、腱の影響を受ける筋肉を収縮させたときに何らかの問題に気付くでしょう。

「炎」で終わるすべての怪我や障害と同様に、腱炎も炎症が起きていることを意味します。この場合は腱に炎症が起きています。これは、特定の筋肉の線維性の腱が損傷し、体が炎症を起こして腱の回復を助けようとすることを意味します。

残念ながら、制御されていない血流の増加は、長期的には役に立ちません。もちろん、詳しく調べる必要のある健康問題があることを知らせることはできますが、それを別にすると、腱炎はただ痛みを引き起こすだけです。

鵞足炎とは何ですか?

鵞足炎について知っていますか? 炎症を起こしたひざ関節

鵞足炎が何であるかを正確に知るためには、まず、私たちの体の構造の中でも腱炎に関連する場所について正しく理解する必要があります。鵞足とは、縫工筋、薄筋、半腱様筋と呼ばれる3つの結合した腱で、筋肉は太ももから膝の上まで走り、膝の下の脛骨(脛骨)に付着します。鵞足とは、これらの腱の外観を説明する言葉と言えるでしょう。

鵞足炎は、膝の少し下にある下腿上部に痛みと炎症を引き起こします。具体的には、脚の内側です。

鵞足炎の症状

鵞足と腱炎という2つの単語について理解できたので、鵞足炎という怪我の名前をより深く理解できるでしょう。鵞足炎は、腱の炎症で、鵞足滑液包炎としても知られています。

また、鵞足炎は通常、膝のすぐ下の痛み、発赤、腫れが伴うことも想像できます。鵞足炎の痛みは、筋肉を収縮させるときに特に顕著になります。この場合、筋肉は太ももの前、後ろ、横の筋肉です。たとえば、足を曲げると痛みを伴います。

治療

鵞足炎の治療法は、基本的に他の腱炎と同じです。他の腱炎と比べて難しさが加わる唯一の側面は、腱が3つの筋肉を含むことです。つまり、鵞足炎の問題を解決するためには、3つすべてを治療する必要があります。腱炎から回復する主な方法は次のとおりです。

  • 休息:影響を受けた筋肉を頻繁にまたはすばやく収縮させる必要があるスポーツは行わないでください。また、回復期間中は、毎日できるだけ休むようにしてください。この場合、最初の数日(急性期)後、徐々に通常の活動に戻ることができます。穏やかな運動など、散歩に行くのは良い方法です。
  • 冷温療法:理学療法の終了時、または最初に腱炎を感じてから最初の48時間は、冷たいコールドパックを患部に適用する必要があります。その後、冷やす方法はあまり役に立たなくなります。そのため、ここからは温かい温パックを使い始めることができます。
  • 超音波療法:理学療法士による診療の際は、理学療法の専門家が説明しているように、おそらく超音波治療が行われます。超音波治療に使用する機械が発するパルスは、損傷した組織がより早く回復するのを助けることができます。
  • 伸張性筋収縮運動Rehabilitation magazine が示すように、これらの運動は腱炎の治療に非常に効果的です。エキセントリックエクササイズとは、緊張した状態で筋肉や腱を伸ばす運動です。たとえば、小さなウェイトを使用します。
    鵞足炎について知っていますか? 理学療法士

かなり複雑な怪我

これまで見てきたように、鵞足炎からの回復には少し注意が必要であり、多くの腱炎の1つであるということは、一般的に回復時間が長くなることを意味します。一方で、鵞足に関連する3つの異なる筋肉を治療するため、少し複雑です。

上記のすべてを考慮に入れた上で、理学療法士の診療をお勧めします。理学療法士は、回復過程を正しく導き、それぞれの特定の怪我に応じてアドバイスを提供することができます。たとえば、怪我がそれほどひどくない場合は、通常より早く運動を開始することを勧めるでしょう。

運動や日常生活に戻る準備ができていない場合は、熱と超音波治療を使用して、穏やかなストレッチを続ける必要があるかもしれません。推奨されている治療法に従うと、比較的短時間で通常の生活に戻ることができます。

それはあなたに興味があるかもしれません...
プライオメトリクストレーニングの5つの利点
Fit PeopleRead it in Fit People
プライオメトリクストレーニングの5つの利点

運動にはさまざまな種類がありますが、それぞれの運動は、私たちの体格や身体能力などのさまざまな面を発達させるのに適しています。その中でも今回は、プライオメトリクストレーニングの利点について考えます。まだ、あまり知られていないトレーニング方法ですが、私たちの身体にとても役立つ効果的なトレーニングです。

 



  • G. Gutiérrez, F. Fernández y H. Sandoval. Tendinitis y bursitis de la pata de ganso. Ortho-tips. 2014;10(3):163-178.
  • M. Flórez, C. Echavarri y M. Pavón. Programas de ejercicios en tendinopatías. Rehabilitación. Volume 37, Issue 6, 2003, Pages 354-362
  • U. Ostolaza. Abordaje fisioterapéutico de la tendinopatía aquílea en atletas: punción seca y ejercicios excéntricos. Trabajo fin de grado para la UPNA. 2020.