何に使うの? 赤外線サーモグラフィについて

赤外線サーモグラフィは、患者の体のさまざまな部分の皮膚温度を調べるための貴重な装置で、炎症を検出し、怪我を防ぐのに役立ちます。
何に使うの? 赤外線サーモグラフィについて

最後の更新: 03 3月, 2021

医療専門家にとって、患者の健康状態を診断するために自由に使える装置や器具が多ければ多いほど、診断がより正確なものになります。赤外線サーモグラフィは、理学療法士にとって興味深く便利な選択肢の一つで、患者のさまざまな健康状態を検出して診断するのに役立ちます。

ここからは、赤外線サーモグラフィーと言う装置と、この装置を使った方法に関連するすべてを見ていきます。赤外線サーモグラフィーとは何なのか、そしてどのように使用されるか、そして何よりも、何のために使用できるかを一緒に学んでいきましょう。

赤外線サーモグラフィー

赤外線サーモグラフィを使用することで、医師は患者の皮膚温度を客観的に確認できます。赤外線サーモグラフィーという装置には、赤外線カメラと専用のソフトウェアが搭載されており、これらを組み合わせることで、医療専門家は患者の健康問題をより明確に把握することができます。

今回の記事では、このことを念頭に置いて、医師が体のあらゆる部分に関する追加情報を得られる装置である赤外線サーモグラフィーについて説明していきます。

カメラを患部に向けるだけで、あとは装置がすべてを行います。また、体のさまざまな部分に使用することで、これまでには検出されていない健康問題があるかを確認することもできます。

客観的な情報の重要性

医師が客観的で信頼できる情報を入手できることの重要性について説明します。具体的な症状を特定できるというのは、医療専門家にとって大きな利点です。

これは「ここが痛い」という主観的な情報ではなく、炎症が起きている特定の場所では、体の表面温度が上昇するという事実に基づく客観的な情報です。

何に使うの?赤外線サーモグラフィについて 炎症を起こしている場所

ここで、赤外線サーモグラフィ装置が役立ちます。たとえば、理学療法士は患者の可動域などの範囲を測定したり、痛みを測定することができます。

赤外線サーモグラフィは、診断における優れた追加装置になります。超音波や他の機器では提供できない専門的な情報を提供できます。

赤外線サーモグラフィーの用途

前述のように、赤外線サーモグラフィは患者の皮膚の表面温度を正確に計測することができます。これが重要になる可能性がある理由がいくつかあります。

最初に、赤外線サーモグラフィーは、局所的な炎症を検出することができる点を覚えておきましょう。赤くなっている領域は、体内の特定の構造が異常に高い血流を受けていることを理学療法士などに知らせます。そして、これが非常に特定の領域にある場合、おそらく患部の炎症に関係しています。

循環の問題を確認するのにも、赤外線サーモグラフィーは役立ちます。ある部分が従来よりも温度が低い場合、十分な血流が得られていないことが理由になります。つまり、循環が良い場合は温度が高く温かくなります。

循環が遅いのは、さまざまな原因が考えられますが、少なくとも医師は、特定の場所に問題があり、それが血流の低下を引き起こしていることを、赤外線サーモグラフィーを使って確認できます。手足に循環の問題があるのはよくあるケースです。

第三に、体の神経系は血液を体の両側に均等に、または対称的に送ります。医師が、皮膚の温度が均一であるかどうかを知る必要があるもう1つの理由はこのためです。

これにより、体の両側において、異なるレベルの血流を誘導する機能に問題があるかどうかを医師が検出することができます。たとえば、筋・筋膜性疼痛症候群は、この研究が示すように、体の両側で体温に差がある状態の1つです。

最後に、スポーツ関連の環境においては、怪我の予防に赤外線サーモグラフィが役立ちます。これは、実際の怪我が発生する前に、潜在的な怪我の兆候を特定できるからです。これが、International Journal of Medicine and Science in Physical Education and Sportに掲載された研究が示していることです。

新しく便利な装置

赤外線サーモグラフィ装置の使用は複雑ではありません。医療従事者は、短時間で問題なく使用できるようになります。ただし、他の新しい手法と同様に、最初は機器に慣れるためのトレーニングを行う必要があります。

理学療法士 赤外線サーモグラフィ

実際、専門家が学習する必要がある最も重要な側面は、データの解釈です。具体的な異常にどう対処するべきかを理解することは、赤外線サーモグラフィーのカメラとソフトウェアを正しく使用することと同じくらい重要です。

赤外線サーモグラフィ:素晴らしい味方

今回の記事で皆さんは何を学びましたか?

医療専門家にとって非常に価値のある装置となる可能性がある赤外線サーモグラフィーは、シンプルな機器で、正しく使用できるようになるまでに少し時間がかかります。

また、非侵襲的で迅速な手法であり、医師に貴重な客観的情報を提供することができます。赤外線サーモグラフィにより、専門家は患者の状態の診断と治療オプションの決定に確かな情報を得ることができます。赤外線サーモグラフィーは、さまざまな使用方法で役立つ非常に興味深い装置と言えるでしょう。

今回の記事で学んだ情報があれば、たとえば循環器系の健康問題で専門医の診断を受けたときに、医師があなたにカメラを向けても驚く必要はありませんね! 赤外線サーモグラフィーという技術は、現在より広く使用されており、患者もその利点を実感しています。

それはあなたに興味があるかもしれません...
怪我からの回復期はどのように過ごすべきか?
Fit PeopleRead it in Fit People
怪我からの回復期はどのように過ごすべきか?

アスリートであろうとなかろうと、人生のある時点で何らかの怪我をすることがあると言っても過言ではありません。さまざまな種類の怪我がありますが、それらすべてに共通するいくつかの特徴があります。怪我からの回復プロセスについてもっと知りたいですか?今回の記事では、怪我の回復期に関するいくつかのアドバイスをご紹介します。



  • S. Zambrano, K. Gregorio. La termografía infrarroja como herramienta complementaria para el diagnóstico del dolor miofascial en fisioterapia. Una revisión sistemática. Trabajo fin de grado para la Universidad Miguel Hernández de Elche, 2019.
  • J. Marins, I. Fernández-Cuevas, J. Arnaiz-Lastras et al. Aplicaciones de la termografía infrarroja en el deporte: Una revisión. Revista internacional de Medicina y Ciencias de la Actividad Física del Deporte, Vol. 15, Núm 60 (2015): 805-824
  • M. Morales, E. Medina, A. Carnevali et al. Termografía infrarroja y el estudio de riesgos de lesiones músculo esqueléticas. Vol. 10, Núm. 1 (2010)