眠っている間により多くのカロリーを燃焼する方法

睡眠中にカロリーを消費することなんて本当にできるのだろうか、疑問に思っていませんか? 今回の記事では、睡眠中にできる、カロリーを多く燃焼する方法について説明します。
眠っている間により多くのカロリーを燃焼する方法

最後の更新: 02 2月, 2021

私たちは目覚めているときに最もエネルギーを使うのは言うまでもありませんが、睡眠時にも私たちが生き続けるためには、特定の身体機能が働き続ける必要があります。そのため、私たちは睡眠時にもカロリーを消費しています!

これを聞くと、自分が眠っている間にカロリーを最大限に燃やす方法はあるのかな、と気になる人もいるかもしれません。この記事では、睡眠時により多くのカロリーを燃焼させるためには、何が最も重要で、私たちには何ができるのかをご説明します。

基礎代謝率

基礎代謝率とは、私たち人間の体が生き続けるためだけに毎日必要とするカロリーを数値にしたものです。American Journal of Critical Careに掲載された研究で述べられているように、ハリス-ベネディクト式を使用して計算されます。

この計算式は、性別、年齢、体重、身長を考慮に入れ、これらの測定値を使用して、重要な身体機能を機能させるために必要なエネルギー量を計算して推定します。これらのカロリー数は、日中と夜間の両方で消費されるカロリーの推定量ですが、私たちが行う可能性のある運動は考慮されていません。

私たちにはさまざまな体内組織があり、それぞれに異なるエネルギー要件があります。たとえば、代謝という面で筋肉は脂肪よりもはるかに代謝に対して活性です。つまり、筋肉が多いほど、睡眠中も含めて休息時の体がカロリーを多く燃やします。

実際、Frontiers of Hormone Researchに発表された研究によると、身体運動は筋肉量を増やし、ホルモン代謝の変化を引き起こすことによってエネルギー消費を調節します。

眠っている間により多くのカロリーを燃焼する方法 ダンベル運動

睡眠中にもっとカロリーを消費するための筋力トレーニング

筋力トレーニングは、筋肉量を増やす最も効果的な方法であることが明らかになっています。筋肉に適切な刺激と強度を負荷することにより、筋肉量を増やすことができるため、筋肉がつくと、日中だけでなく夜間でもより多くのカロリーを消費することができます。

ただし、筋肉量の割合を増やして体脂肪を減らすには、食事を考慮に入れる必要があります。

  • 超加工食品の消費量を減らす
  • タンパク質をより多く摂取する
  • 肉、魚、卵、または乳製品を毎日適量摂取する
  • すべての脂肪を完全に排除するのではなく、トランス脂肪酸を避ける
  • 無理をしない範囲で、必要以上のカロリーを消費するように心がける
  • アルコール、精製された砂糖、またはタバコなどの有毒物質は避ける
  • 毎日十分な休息をとる

睡眠時はカロリーの消費と体内組織の再生が行われています

睡眠時の私たちの体は、カロリーを燃焼するだけではありません。睡眠という休息時間を利用して、体内では日中に損傷した組織を修復します。このプロセスは、エネルギーを使用して、成長ホルモンなどの同化ホルモンを合成します。

十分な睡眠をとることで、組織が適切に回復し、老化プロセスが遅くなり、翌日、つまり新しい日を元気よく過ごすためのエネルギーが満たされた状態で目覚めることができます。

眠っている間により多くのカロリーを燃焼する方法 寝ている男性

はい!睡眠時にはカロリーを消費しています

今回ご紹介したように、もちろん私たちは睡眠中にカロリーを消費していますし、筋肉量を増やすことで、カロリーの燃焼を高めることができます。しかしそのためには、適切なトレーニングルーチンと適切な食事法を確立し、それを続ける必要があります。

体が翌日の準備をするために必要な睡眠は、私たちの1日の活動の中で最も重要な部分の1つです。また同時に、睡眠時には損傷した体内組織が修復されていることも覚えておましょう。活発に運動を行うアスリートにとっては、睡眠時のこのプロセスは特に重要です。

食事を通して睡眠の質を改善することが可能であり、その結果、睡眠時のカロリー燃焼プロセスをはるかに効果的にすると言われています。

筋肉量を増やす方法がわからない場合、または睡眠の質を改善するために食事法を活用したい場合は、栄養士のサポートを受ける必要があります。自分が目指す目標が何であれ、健康的な食事は私たちの体の全般的な健康の基礎となります。

こちらの記事もおすすめです。
トレーニング後の身体はどうエネルギーを燃焼するの?
Fit Peopleで読むことができます。 Fit People
トレーニング後の身体はどうエネルギーを燃焼するの?

私たちの身体は、トレーニング後にもエネルギーを燃やすことができるのをご存知ですか?今回は、なぜトレーニング後にエネルギーが燃えるのか、なぜこれは起こるのか、そしてどのような種類の運動が、トレーニング後に最もエネルギーを消費するのかについて学びます。



  • Picolo MF., Lago AF., Menegueti MG., Nicolini EA., et al., Harris Benedict equation and resting energy expenditure estimates in critically ILL ventilator patients. Am J Crit Care, 2016.
  • Moghetti P., Bacchi E., Brangani C., Dona S., et al., Metabolic effects of exercise. Front Horm Res, 2016. 47: 44-57.