柔軟な考え方を持つことの利点とは?

柔軟なメンタリティー、つまりものの考え方を持つことは、新しい状況に対処し、変化に適応するときに大きな助けとなります。また、創造性や問題への対処能力とも密接に関連しています。

最後の更新: 27 1月, 2021

柔軟なメンタリティー、つまりものの考え方を持つことは、私たちが手に入れることができる最高の資質の1つです。ほとんどの問題に対しては、万能の解決策が1つだけ存在するのではなく、さまざまな方法で対処できるからです。

ビジネス、スポーツチーム、教育機関はすべて、柔軟な考え方を持つ人々を探しています。柔軟な考え方を持つ人は、既成概念にとらわれない思考力を持ち、新しい問題を解決するための独創的な方法を見つけ出すことができます。さらに、柔軟な考え方を持つことは、創造性と非常に密接に関連しています。

柔軟な考え方を持つ人々は、創造的であるだけでなく、変化によりよく適応します。予期しないことが起こった場合、パニックに陥る可能性は低くなり、様々な選択肢を検討して状況に対処する新しい方法を見つける可能性が高くなります。ご覧のとおり、柔軟な考え方を持つことには多くの利点があります。今回は、最も重要な利点のいくつかを見ていきます。

柔軟な考え方とは?:より効率的な学習プロセス

新しいことをどれだけ上手く、そしてどれだけ早く学ぶことができるかは人によって異なります。私たちは皆同じ学習能力を持っていますが、学習の際に使うルートと学ぶペースが、お互いを区別する個人差を生み出します。

新しいスキルを学ぶときには、2つの理由から柔軟な考え方を持つことが大きな利点になります。学習プロセスが速く、さまざまな状況で幅広いスキルを習得しやすいのがその理由です。

試行錯誤を繰り返し、他者がどう問題に取り組んでいるかを観察することで、誰でも学ぶことができますが、柔軟な考え方を持つ人々だけが、さらに進んで新しい解決策を考案することができます。

より多くの共感とより強い社会的関係

柔軟な考え方を持つことは、より強い社会的な関係を築くための基本的な資質です。柔軟性が他者をよりよく理解し、相手の立場に立って考えるのに役立つからです。

一方、柔軟な考え方ができない人は、他人に共感するのが難しいと感じる傾向があります。言い換えれば、人々が異なる考えや感情を持っていることを理解するのは難しくなるでしょう。共感とは、自分だけではなく、他者がさまざまな状況をどう経験するかを想像することです。

したがって、柔軟な考え方は、単なる推論能力以上の有益な特性であり、社会生活を送る上でとても重要です。

新しい状況によりよく適応

人生は、自分でコントロールできない予期せぬ出来事や状況に満ちていますが、それらに上手くそして迅速に対処できる力は、非常にポジティブな特徴と言えるでしょう。

柔軟性のある考えの利点の1つは、古い習慣ややり方にとらわれずに、全体像を考えられることです。これは、いつもの行動だけでは役に立たない未知の状況で非常に役立ちます。

これらの状況にうまく対処するには、新しい選択肢を模索し、創造性を駆使して独自の思考を行う必要があります。

確かに、過去の経験や直観は、新しい経験に対処するのに非常に役立ちますが、柔軟な考え方を持つことで、不確実な状況や困難な状況に直面したときでも、冷静さを保つという重要な違いが生まれます。

一度に複数のことを学ぶ能力が向上する

一度に学ぶことができるのは1つだけであるとよく言われますし、この考えが完全に間違っているわけではありません。私たちの認知能力と注意力には限りがありますが、柔軟な考え方により、これらの限界を最小限に抑えることができます。

柔軟な心は、一度にさまざまな種類の情報を処理し、タスクをより簡単に切り替えるマルチタスク能力を高めます。

このマルチタスクは、プレッシャー下で仕事や作業を行うときに、特に明白になります。柔軟な考え方を持つ人は、不利な状況に圧倒されない傾向があり、はっきりとした考えを持ち、精神面でも複雑なタスクを実行することができます。

柔軟な考え方は生まれつきのものではなく、自分が育てて身につけることができる資質です。

柔軟な考え方を持つことは、他の物事と同じように心理的な習慣です。これは、適切なテクニックを活用してこの考え方を成長させて、強化できることを意味します。つまり、生まれながらのものではなく、誰でも、柔軟性と創造性を伸ばすことができます。

アルゼンチンのマル・デル・プラタ国立大学の調査によると、柔軟なメンタリティーまたは考え方と呼ばれる特性は、習慣があまり浸透していない子供や10代の若者は、とても簡単に発達させることができます。ただしこれは、大人がこれ以上柔軟になることができないという意味ではありません。

人間であることの素晴らしいところは、子供時代だけでなく、人生を通して物事を学ぶことができるという点です。これは、より柔軟な考え方の開発に取り組むのに遅すぎることは決してないことを意味します。

それはあなたに興味があるかもしれません...
Fit PeopleRead it in Fit People
スポーツにおける生産性を高めるための5つの戦略

アスリートにとって、生産性を向上させることはより速くより良いパフォーマンスするのに役立つため重要です。今回は、スポーツにおいて生産性を高めるための簡単なヒントをご紹介します。すぐに効果は現れないかもしれませんが、継続することで、いずれ大きな違いを実感するでしょう。



  • Álvarez, E. (2010). Creatividad y pensamiento divergente. Desafío de la mente o desafío del ambiente. Recuperado de: http://www. interac. es/adjuntos/crea_pensa_diver. pdf.
  • Domingo, L., y Galli, J. I. (2015). Desarrollo de la flexibilidad cognitiva en adolescentes (Doctoral dissertation).