トレーニング後の休息時間の大切さを理解しよう!

22 12月, 2019
トレーニング後の休息は、トレーニングルーチンと同じくらい重要です。適切な休息を取らないと、目標を達成するのが難しくなるだけでなく、怪我のリスクも高まります。
 

健康になりたいという目標を達成するとき、自分の目標により近づくためのトレーニングルーチンばかりに気を取られてしまいがちですが、実は休息はトレーニングルーチンと同じくらい重要であることに留意する必要があります。

今回の記事では、休息時間の重要性について説明します。

目標達成に向けて、体を休ませることがどれだけ大切かについて学びましょう。

休息について

何よりもまず、すべてのトレーニングに共通する休息時間やその定義はないことを理解しましょう。

休息は、運動やスポーツの種類、そして運動強度などの様々な要因によって異なり、アマチュアとして運動をしているのか、またはプロとして行なっているかによっても、休息時間の設定方法が異なります。

  • アマチュアの運動選手:趣味としてスポーツや運動をしている場合は、週に2日以上休息を取ることが大切です。高強度のスポーツや運動を行なっている人は、週3日を休息日にしましょう。
  • プロの運動選手:プロの運動選手の場合は、週3日休む余裕はないことがほとんどです。専門のトレーナーがついて運動を行なっているプロの場合は、休息時間も短くなりますが、これは専門家が作成したトレーニングと休息スケジュールに従っているからです。試合のスケジュールなどによっても異なるため、プロの場合は、専属のトレーナーやコーチの指示に従いましょう。
トレーニング後の休息時間の大切さを理解しよう! 休む男性

休息の重要性

ここまでは、休息の大切さを強調しましたが、なぜ大切なのかについてはまだ説明していませんでした。

ここからは、運動やスポーツを定期的に行う人にとって、なぜ週に数日休む日が必要なのかをご紹介します。

  • 筋肉の回復を促進
  • 過剰なトレーニングによる負の影響を回避
  • スポーツや運動の効果を最大限に活用するための基本段階

 

正しい休息の取り方

休息の時間を有効に活用するためには、ソファーなどに横になって過ごす必要はありません。

休息というのは、現在行なっている運動を休むことであり、激しい運動をしない限り買い物や散歩など活発に出かけるのは問題ありません。

これは、家族や友人などと時間を過ごす良い方法です。

低強度を保ちながら屋外などを適度なスペースで歩くことで、心身のリフレッシュ効果が期待できるでしょう。

また、マッサージや長めの入浴、そしてストレッチなどは、運動で疲れた体を回復するのに良い方法です。

 

休息を取らないことの影響とは

休息が大切だというのはここまででご紹介しましたが、休息時間や休息日を設けないとどうなるのでしょうか?

  • 筋肉が回復しない:運動をすると、一度筋肉が「壊れ」ます。そして十分な休息間を取ることで筋肉が回復して成長します。しかし、十分な休息時間を取らないと、筋肉が回復できず、怪我をするリスクが高まります。その結果、スポーツや運動を長期間休まなくてはいけないという結果になります。
 
トレーニング後の休息時間の大切さを理解しよう! 脚がつる

  • 心臓の問題が起こる:運動の強度に応じて、心拍数が上昇したり低下しますが、どちらにしても安静時の心拍数よりは、どのタイプの運動でも心拍数が上昇します。つまり、休息時間を取らず常に運動を続けると、心拍数が常に高い状態を維持していることになり、最終的に血圧が上がるリスクが高まります。

運動をする上で大切なのは、トレーニングルーチンと休息時間のバランスです。

休息、マッサージ、そしてウォーキングなどの活発な休息日など、日々の激しい運動やスポーツからかだらを休ませることで、トレーニング時のパフォーマンスが改善され、スポーツや運動を最大限に楽しむことができます。

 
  • Garcia-Mas, A., Aguado, F. J., Cuartero, J., Calabria, E., Jiménez, R., & Pérez, P. (2003). Sueño, descanso y rendimiento en jóvenes deportistas de competición. Revista de Psicología Del Deporte.