カヤック中に起こる可能性がある最も一般的な怪我

28 10月, 2020
最も一般的なカヤックの怪我は、カヤックを漕ぐときの間違ったテクニックによって起こると言われています。カヤックを行う時に、筋肉や骨格の損傷を防ぐためには、適切なトレーニングが必要です。

最も一般的なカヤックの怪我は、筋肉と骨に悪影響を与え、長期間に及びカヌーができなくなる可能性もあります。

カヤックでは、パドルを使用してカヤックを水上で動かします。パドルには2つのブレードが両端に一つずつあり、水の中でカヤックを動かすために使用されます。

カヤックとカヌーの間には大きな違いがありますが、口語として一般的に使われる際には、同じような意味で使用する人もいます。ただし、プロやアマチュアの人々が参加する競技においては、カヤックとカヌーには大きな違いがあります。例えば、ボートの重量やパドルの違い、そして起こりうる可能性のある怪我の違いなどです。

上半身はカヤックを行う時にはとても重要な部分であり、背中と腕を多く使います。さらに腹部の筋肉は、バランスを保ちカヤックを動かす時に重要な役割を果たします。

長年にわたるカヤックの経験がある人の場合、最も一般的なカヤックの損傷は、カヌーを行いすぎることで起こります。長距離、身体の十分な準備ができてない時や体調不良、悪天候、カヤック本体の変更などの要因はすべて、私たちの身体にかなりのダメージを与える可能性があります。

最も一般的な4つのカヤック傷害

カヤックにおいては、上半身がほとんどの動きを行うため、腰と手の怪我が一般的です。腱の炎症、潜在的なストレス骨折、滑液の蓄積、および腰痛がよく起こる怪我の一例です。

手首の腱滑膜炎

手首の伸筋腱はカヤックでよく使用される場所なので、炎症を起こす可能性をある程度予想することができます。特に、冷たい海や氷の海でカヤックするときに発生します。

腱が炎症を起こすようになると、その領域は傷ついて腫れ始めます。手首が通常よりも大きくなったり手首が赤くなる場合があります。一部の患者は、手首を押すと、飛び出るような音がすることに気付く場合があります。

 

カヤック中に起こる可能性がある最も一般的な怪我 手首の痛み

治療には、炎症が消えるまで手首を動かさないようにするための副子が必要です。また、抗炎症薬の服用が推奨されることもあります。

寒い気候でカヤックを頻繁に行う場合は、サーマルスリーブや手袋など、通常よりも多くの防寒着を着用して、腕と手を防寒することが大切です。

肋骨の疲労骨折

カヤックをする人は、外的な傷害を受けていなくても肋骨を骨折することがよくあります。これは、カヤックに伴う反復運動によって起こる体へのストレスや疲労が原因です。

最も一般的なカヤックの怪我の中でも最大10%は、胸郭の後ろにある肋骨に起こります。

疲労骨折の最も明らかな症状は痛みですが、一部のアスリートは、痛みに慣れてしまい、かなり悪化した後に初めて気づくケースもあります。しかしこれは、診断と治療開始の遅れにつながり、治癒プロセスを複雑にする可能性があります。

肋骨の損傷の持つもう1つの問題は、レントゲンでは常にはっきりとは表示されない可能性があることです。そのためレントゲンの代わりに、断層撮影などのより複雑な検査が必要になる場合があります。

坐骨に生じる滑液包炎

体内の関節には滑液包と呼ばれる液体の袋があり、動きの制御と骨間の摩擦の予防を行なっています。カヤックをすると、長時間腰に大きな負荷がかかります。

その結果、ハムストリング内の嚢が臀部の近くで炎症を起こす可能性があり、尾骨部に痛みを引き起こします。

カヤック中に起こる可能性がある最も一般的な怪我 カヌーをする男性

症状は、臀部と上肢の刺痛、痛み、電気の受けたような感覚が起こり、症状が悪化するとボートに乗られなくなります。

この怪我を避けるためには、カヤックの人間工学を考慮に入れることが非常に重要です。例えばシートを変更する必要があるケースもあります。また、皮膚は常に乾いた状態に保つことも不可欠であるため、トレーニングやカヤックに乗るのを終えたら、最後に適切な衛生状態を保つことが重要です。

腰痛

腰痛の原因の一つは姿勢の悪さであり、カヤックにおける背中や腰の痛みは、カヤックでは一般的な怪我です。カヤックに長時間座っていると、脊柱に影響を与えて炎症を引き起こす可能性があります。

これらがすべて椎間板ヘルニアにつながるわけではありませんが、痛みが起こらないように注意を払う必要があります。理想としては、最初の痛みを感じたときに背中を酷使しないように気をつけることが大切です。痛みを感じるような状況が起きたら、筋肉をリラックスさせることが重要です。

症状は他の腰痛と同じで、足に放射状に広がる痛み、歩行や排尿困難などがあります。治療には、十分な休息、抗炎症薬、腰椎をサポートする腰痛用のベルトの使用を含みます。

怪我を予防する方法

カヤック愛好家の方は、できるだけ長くカヤックというスポーツを楽しむためにも、自分の体を大切にすることが大切です。 カヤック内外での適切なトレーニング、および健康や体に何らかの問題が起きている兆候にも十分な注意を払いましょう。すべては、私たちの健康管理に不可欠です。

背中、腰、胸部、上肢に痛みを感じ始めた場合は、すぐに医師に相談してください。治療を受けるタイミングが早ければ早いほど、長期にわたる深刻な症状を引き起こす怪我のリスクが低くなります。

  • López, C. López, and J. Ribas Serna. Análisis biomecánico de la articulación de la muñeca en el paleo en kayak: modelo dinámico. Revista Andaluza de Medicina del Deporte 2.3 (2009): 102-107.
  • Macancela Bucaram, Olfa Martha. Lesiones deportivas en los atletas de canotaje, guia de prevención. Diss. Universidad de Guayaquil. Facultad de Ciencias Médicas. Escuela de Graduados, 2016.
  • Ocampo Chacón, Ronald. El paciente deportista con lesión en la región de la cadera: abordaje radiológico. (2017).
  • Monserrat, Rigo, and Andreu Jaume. ¿ Las mujeres deportistas que sufren fracturas por estrés están diagnosticadas de tríada de la mujer deportista?. (2018).
  • Fariña Rivera, Francisca, et al. Estilos de afrontamiento y recuperación de las lesiones deportivas en kayakistas de élite. Revista de psicologia del Deporte 25.1 (2016): 0043-50.
  • Vázquez Franco, Mirella. Composición corporal de piragüistas de alto rendimiento a lo largo de la temporada deportiva. (2018).