1955年に起きたル・マン24時間レースの悲劇

モータースポーツ史上の大惨事と呼ばれる、1955年のル・マン24時間レースの悲劇は、ドライバーと観客ら80人以上が死亡する悲しい事故でした。
1955年に起きたル・マン24時間レースの悲劇

最後の更新: 22 2月, 2020

1955年のル・マン24時間レースの大惨事は、モーターレースの歴史の中で最も悲劇的な事故と呼ばれています。

この大惨事で、観客とレーシングドライバー80人以上の命が奪われました。

今回は、1955年に起きたル・マン24時間レースの悲劇について紹介します。

前述したように、1955年のル・マン24時間レースは、モーターレースの歴史の中で最も悲劇的な事件となりました。

この大惨事の後には、ドライバーと観客の安全を確保するために多くの重要な変更が行われました。

1955年のル・マン24時間レースにおける大惨事

1955年6月11日に悲劇と呼ばれる事故が発生しました。

レース開始からの3時間が経過した時、ファン・マヌエル・ファンジオとスターリング・モスがレースをリードし、マイク・ホーソーンとアイバー・ブエブが続きました。

どちらのレースの先頭も、すでに他のドライバーよりも1周多く走っていました。

ホーソーンは、勝つためにランス・マックリンを追い抜こうとしましたが、ホーソーンが激しくブレーキをかけて、ランス・マックリンをピットへと押し込みました。

しかし、マックリンの後ろから、ピエール・ルヴェーとマヌエル・ファンジオが全速力で来ていました。

前方にいたルヴェーは何が起こっているのかを理解し、手を挙げてパートナーのファンジオに前方の危険について警告しました。

その後、彼のメルセデスベンツがマックリンにぶつかり、車が空中に浮かびました。

車は観客の中に飛び込み、そこで爆発して発火しました。

事故によって車は大破し、火災の後は金属構造物のみが残りました。

犠牲者と負傷者は治療を受けましたが、驚いたことにレースは続行しました。

1955年に起きたル・マン24時間レースの悲劇 スタート地点

主催者は、観客が同時にレース会場をを出ようとした場合、負傷者の避難がより複雑になるということで、レースを続行すると言う決定を正当化しました。

衝撃的なこのビデオでは、事故が発生した瞬間を見ることができます。

ル・マン24時間レースの大惨事

事故の結果、80人以上のの観客とレーシングドライバーのピエール・ルヴェーが命を落としました。

さらに負傷者は70人以上となりました。

事故はとても衝撃的なものでした。

亡くなった観客のほとんどは、ルヴェーの車の前部の衝撃が原因でした。車のエンジンとシャシーは、車両の残りの部分とともにミサイルのように機能して炎上しました。

致命的な事故のニュースを聞いた後、メルセデスベンツはこのレースを辞退しただけでなく、1989年までレースに参加しませんでした。

事故の原因と責められるべき人は?

マイク・ホーソーンが突然ブレーキをかけたことが原因で連鎖的に事故が起こったため、メディアは当初、ホーソーンを非難しました。

しかしホーソーンは、チームから緊急に燃料補給するよう警告されたと話し、自分はチームの命令に従っていただけだと主張しました。

1955年に起きたル・マン24時間レースの悲劇 事故の瞬間

結局、ホーソーンは間違っていたことは証明されませんでした。

様々な検証により、この致命的な大惨事はある特定のドライバーのせいではないと結論付けられました。

これは、当時の専門家が写真や動画から鑑定した結果でした。

安全対策の変更

1955年の大惨事の後、多くの安全対策が実施されました。

当時は、ドライバーへのシートベルトの着用は義務付けられていませんでした。

これは、車から火災が発生した時に脱出が遅くなるからと言う理由でした。

またドライバーは、難燃性の衣服を着用する必要はなく、当時のヘルメットは頭全体を覆っていなかったため、これらの問題に対処するための安全対策が実施されました。

観客を守るための安全対策も行われました。

観客席はサーキットから離れたところに配置され、安全対策が講じられましたが、1955年の大惨事は正しい安全対策を行っていれば防ぐことはできたのではないかと考えるととても悲しくなります。

こちらの記事もおすすめです。
スポーツ保険について知っておくべきすべてのこと
Fit People
で読むことができます。 Fit People
スポーツ保険について知っておくべきすべてのこと

スポーツ保険と聞くと、プロのスポーツ選手のものと考える人もいるかもしれませんが、実は、一般の人でもスポーツを行なったり「冒険」を求める人は、正しいタイプの保険に入ることが大切です。スポーツ保険に入るべきなのはどのような人なのでしょうか?スポーツ保険に加入する理由を、しっかりと理解してください。