サイクリング中に最適なのは水?アイソトニック飲料?

カフェインをベースとしたスポーツ飲料は、ロングライドと呼ばれる長時間のサイクリングで起こる疲労感を予防するのに役立ちます。

最後の更新: 03 2月, 2021

最近では、スポーツ中に継続して水分補給を行うことの重要性については誰もが理解しています。そして持久力を必要とするスポーツを行う際には特に、十分な水分と電解質を補給することが実に大切です。今回の記事では、サイクリングの際に水を飲むべきか、またはスポーツ飲料のひとつであるアイソトニック飲料を飲むべきかについて説明します。

ロングライドの際には水を飲むだけで十分でしょうか? それとも、塩分や栄養素を追加して補給する必要があるのでしょうか?

水分補給の重要性

どのような運動でも、開始してから20分が経過したら、理想としては水分補給を開始する必要があります。これは、脱水によるパフォーマンスの低下を防ぐのに役立ちます。喉が渇くまで待つと手遅れになる可能性があります。

すべての科学文献は、あらゆるスポーツにおける継続的な水分補給の大切さを認めています。短時間の運動やスポーツの場合は、ミネラルウォーターで十分ですが、常にミネラルウォーターで十分であるとは限りません。

最近の研究によると、高グリセミック指数の炭水化物を含むドリンクは、疲労感が起こるのを遅らせることができます。これは、塩分と糖分が豊富なアイソトニック飲料が、水分補給の選択肢として悪くない可能性があるということにつながります。

サイクリング中に飲むのは水?それともアイソトニックスポーツ飲料?

サイクリングは一般的に持久力を必要とするスポーツです。これはアスリートが多くの水分を失い、多くの栄養素を必要とするスポーツであることを意味します。

自転車に乗っている間に大量の水を飲むと水分補給に関する問題の予防に役立ちますが、吸収されるのが速い炭水化物と遅い炭水化物の補給を加えると、スポーツ中の疲労を遅らせ、筋肉のグリコーゲンをあとで使用するために節約できます。

このテーマに関連する科学文献は、パフォーマンスを向上させるためにスポーツ飲料にミネラル塩と炭水化物を加えることの大切さを支持しています。持久力を必要とするスポーツの場合、グリコーゲンを節約し、運動中の血糖値曲線を安定させるために、高血糖と低血糖の炭水化物の組み合わせるたものを補給する必要があります。

これが、アイソトニック飲料が水だけの水分補給よりも良い選択肢であると言われている理由です。さらに、アイソトニック飲料には、けいれんや低ナトリウム血症の予防に役立つミネラル塩がたくさん含まれています。

もちろん、必要な水分量は気候によって異なります。高温多湿の天候では、水分や塩分が早く失われるため、より頻繁に水分補給を行う必要があります。

脱水症状の危険性:サイクリング時のアイソトニックスポーツ飲料

脱水状態になると、さまざまな問題が発生する可能性があります。通常、状況が深刻になる前に、次のようないくつかの警告サインがあります。

  • 倦怠感
  • めまい
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 体温の上昇

これらの症状は、いずれも脱水症状の兆候である可能性があります。脱水症状やその兆候を予防するためには、約30分ごとにおよそ230mlの水分補給を行う必要があります。

サイクリングに関しては、パフォーマンスを向上させるのに役立つ、アイソトニック飲料や水以外の多くの物質があります。その1つはカフェインであり、これは好気性代謝を改善し、疲労を遅らせます。

覚えておきましょう!

脱水症状を避けるために、スポーツ中は定期的に水分を補給する必要があります。

サイクリングなどの持久力が必要となるスポーツでは、水分補給だけでは不十分な場合があります。サイクリングなどのスポーツを行う際は、運動中に失われた特定の栄養素や塩分も補給する必要があります。

これが、グリセミック指数が高い炭水化物と低い炭水化物の両方を含む、アイソトニック飲料が、お勧めの選択肢である理由です。胃の健康問題を避けるために、適度な温度を保つことも大切です。

さらに、カフェインを含む飲み物は、パフォーマンスを向上させ、疲労を軽減します。

最後になりましたが、運動後も水分補給を続けることを忘れないでください。理想としては、スポーツや外出後の6時間に、失った水分の約150%を補給する必要があります。

それはあなたに興味があるかもしれません...
Eres DeportistaLeerlo en Eres Deportista
サイクリストのための食事法を実践しよう!

サイクリングの人気が高まり、多くの人がサイクリングを楽しむ「サイクリスト」になっています。サイクリングは、さまざまな方法で実践できる最も人気のあるスポーツの1つです。たとえば、ロードサイクリングやマウンテンバイクなどがあります。それでは、サイクリストが従うべき食事はありますか?



  • Nuccio RP., Barnes KA., Carter JM., Baker LB., Fluid balance in team sport athletes and the effect of hypohydration on cognitive, technical and physical performance. Sports Med, 2017. 47 (10): 1951-1982.
  • Dragusin IB., Horswill CA., Does sport drink use during exercise promote an acute positive energy balance? Int J Sport Nutr Exer Metab, 2016. 26 (5): 428-434.
  • Rowlands DS., Houltham SD., Multiple transportable carbohydrate effect on long distance triathlon performance. Med Sci Sports Exerc, 2017. 49 (8): 1734-1744.
  • Suzuki K., Hashimoto H., Oh T., Mitsuda H., Peake JM., et al., The effects of sports drink osmolality on fluid intake and immunoendocrine responses to cycling in hot conditions. J Nutr Sci Vitaminol (tokyo), 2013. 59 (3): 206-12.