世界のトップゴールキーパー4選手

最高のゴールキーパーの定義では、その選手がプレーするチームの成績だけでなく、相手チームにゴールをさせない数も考慮に入れます。
世界のトップゴールキーパー4選手

最後の更新: 11 1月, 2020

1987年以来、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)は毎年「最高のゴールキーパー」を選出しています。

今回の記事では、世界のトップゴールキーパー4選手をご紹介します。

世界最高のゴールキーパーは誰ですか?

世界最高のゴールキーパーとして知られている人の中には、すでに引退した選手もいれば、現在も代表チームで活躍している選手もいます。

また、伝説となった選手もいますが、彼らに共通しているのは(ほとんど)「誰も彼らのゴールを破ることができない」という点です。

1. マヌエル・ノイアー

2011年からバイエルン・ミュンヘンでプレーし、ドイツ代表チームのキャプテンであるマヌエル・ノイアー選手は、2006年、20歳のときにシャルケ04でキャリアをスタートさせました。

2013年から2016年まで、IFFHSのベストゴールキーパー賞を4回連続で受賞しました。

バイエルン・ミュンヘンでの最初のシーズンでは、 無失点記録時間1147分という非公式記録を作りました。

マヌエル・ノイアー選手の記録は、1989年にオリバー・カーン選手が打ち立てた1012分という記録を抜きました。

2014年のブラジルワールドカップでは、優勝したドイツチームに所属していました。

世界のトップゴールキーパー4選手 マヌエルノイアー

2. ジャンルイジ・ブッフォン

1978年にイタリアで生まれたジャンルイジ・ブッフォン選手は、1995年にFCパルマでそのキャリアをスタートしましたが、ユベントスで16シーズンプレーしたときまでは、特別な記録は残しませんでした。

トリノでは、9シリーズAタイトルと5スーパーコッパを含む19タイトルを獲得しました。

IFFHSは、2003年、2004年、2006年、2007年、2017年の5回、ブッフォン選手を「世界最高のゴールキーパー」に選出しました。

2008年から2016年の間は、6回ファイナリストに選ばれました。

イタリア代表チームでは、彼は176試合をプレーし、1997年以来146ゴールしか許しませんでした。

イタリアが記憶に残る試合でフランスを破った後、2006年にワールドカップで優勝しました。

3. オリバー・カーン

ドイツ人であるオリバー・カーン選手は、世界最高のゴールキーパーの1人です。

マヌエル・ノイアー選手と同様に、彼はミュンヘンのバイエルンでもプレーしました。

1969年生まれの彼は、ブンデスリーガで最も重要なチームであるカールスルーエSCでそのキャリアをスタートさせました。

彼は両チームで780試合を行い、ドイツリーグで最も多くの試合を行った3番目の選手であり、最初のゴールキーパーとなりました。

IFFHSは、1999年、2001年、2001年に最高のゴールキーパーとして彼を3回選出しました。

彼のチームは、ブンデスリーガを8回、DFB-Pokalタイトルを6回獲得しました。

世界のトップゴールキーパー4選手 オリバーカーン

ドイツの代表チームでは、1995年から96試合でプレーしました。

ワールドカップでも4回プレーしました。ドイツはブラジルと2-0で敗れた後、2002年の日韓ワールドカップで2位を獲得しました。

ドイツは試合に負けましたが、オリバー・カーン選手はトーナメント最高の選手に選ばれました。

4.  イケル・カシージャス

イケル・カシージャス選手は史上最高のゴールキーパーの1人であるだけでなく、5年連続で最も多くの賞を獲得しています。

イケル・カシージャス選手は、1981年にマドリードで生まれ、1990年にレアル・マドリードの下部組織でそのキャリアを始めました。

彼は2008年から2012年までベスト・キーパー賞を受賞しました。

イケル・カシージャス選手は、レアル・マドリードの伝説と言われる選手であり、カルデロン、ペレグリーニ、モウリーニョ、アンチェロッティのコーチの下で最も成功した年にプレーをした選手です

725試合を行い、741プレーしたラウルゴンザレスに次ぐ2位になりました。レアルマドリードの後、FCポルトへと移籍しました。

イケルカシージャス選手

今回ご紹介した4選手の他にも、国際的に素晴らしい記録を持つゴールキーパーが数多く存在します。

  • ダニエル・スベーシック(クロアチア)
  • アリソン・ベッカー(ブラジル)
  • キーラー・ナバス(コスタリカ)
  • ヒューゴ・ロリス(フランス)
  • ティボ・クルトワ(ベルギー)
  • ペトル・チェフ(チェコ共和国)
  • ホセ・ルイス・チラバート(パラグアイ)
  • アンドレアス・コプケ(ドイツ)
  • ミシェル・プラウドホーム(ベルギー)
  • ジータ(ブラジル)
  • ピーター・シュメイチェル(デンマーク)
  • フリオ・セサール(ブラジル)
  • ウォルター・ゼンガ(イタリア)

本記事の最後に、1987年にIFFHSベストゴールキーパー賞を最初に受賞した、ベルギー人ゴールキーパーのジャン・マリー・パフ選手についても言及する必要があります。

こちらの記事もおすすめです。
FIFA女子ワールドカップ:知っておくべきすべてのこと  
Fit People
で読むことができます。 Fit People
FIFA女子ワールドカップ:知っておくべきすべてのこと  

2019年FIFA女子ワールドカップは、6月7日から7月7日までフランスで行われました。FIFA女子ワールドカップは、世界の最高レベルのナショナルチームが競い合う大会で、近年その人気がさらに高まっています。今回は、FIFA女子ワールドカップについて知っておくべきすべてのことをご紹介します。



  • Müller, F., Best, J. F., & Cañal-Bruland, R. (2018). Goalkeepers’ Reputations Bias Shot Placement in Soccer Penalties. Journal of Sport and Exercise Psychology. https://doi.org/10.1123/jsep.2017-0358