競泳のルールと使用するプールの基準 スペインの場合

スペインの公共プールを競泳に使用するためには、特定の要件を満たして会場として承認される必要があります。この場合の要件は、競技を行う団体の規定で厳しく管理されています。
競泳のルールと使用するプールの基準 スペインの場合

最後の更新: 25 1月, 2020

競泳用に認可されたスイミングプールを探すのは、私たちが考えるほど簡単ではありません。水泳というスポーツに必要なパラメーターを順守することに加えて、国が制定した健康や衛生面での基準を遵守する必要があります。

スペインにおいては、スペイン王立水泳連盟(RFEN)という団体が、必要なルール、手順、およびパラメーターを設定します。

今回の記事で、スペインの競泳における規則と使用するプールの基準について詳しく学びましょう。

競泳に使うプールの承認申請

プールの所有者が、自分のプールを競泳大会に使用したいときには、承認申請が必要です。

新しく行われる大会や何らかのプロジェクトでプールを作る場合は、プロジェクトの計画案と必要な予算を承認申請に加える必要があります。

既存のプールの承認申請は、RFENに直接行われます。

申請は、まず必要書類を記入してください。必要に応じて、追加の書類を提出する必要があるかもしれません。

申請書の提出後、施設認定委員会によって協議が行われ、その後はそれぞれの機関が承認に向けた調査を行います。

RFENの承認基準

競技に使用するプールとしての承認を得るためには、様々な要件がありますが、基本的には、25メートルと50メートルの設置に関しては、異なる規則が制定されていることがほとんどです。

原則として、プールをすべて測定して長さの基準を満たす必要があります。

寸法公差は、考慮されるべき条件の一つで、施設の2つの前面壁間の測定と水面の測定が含まれます。

スペインの競泳:ルールと使用するプールの基準 男子競泳

承認される深さは1.8メートル以上です。

プールへの出入りに使われるプラットフォームが設置される深さは、すべて壁から0〜6メートルの制限距離を順守する必要があります。

外壁は完全に平行で安定している必要があり、プールの周りの表面は滑り止めを設置しなくてはいけません。

これらの情報はすべて、RFEN Webサイトで見つけることができます。

水質と基準

水に関しては、王室令 742/2013によって制定された条件に準拠する必要があります。

この法令は、公共および民間のスイミングプールで満たす必要のある衛生条件を定めています。

RFENは、公共の水供給ネットワークからの水の使用を承認しています。この法令はまた、水質検査を受けて認められた場合において、他の水源からの水の使用を許可しています。

水に使用する物質は、UNE-EN 13451規格に記載されている要件を満たしている必要があります。

また、競技用プールとしての条件を満たすためには、水に人工的な乱流があってはなりません。

クロール 競泳のルールと使用するプールの基準

考慮するべきその他の要因

ここまででご紹介した条件以外の、考慮するべき要因をご紹介します。

  • 照明:競泳用プールには、均一に光が当たる人工照明が必要です。照明は、スポーツ施設の照明を規制するUNE-EN-12193基準に準拠する必要があります。
  • 国際競技会:国際競技会のために使用するプールを選ぶ時には、例えば電気式タッチパネルなど、国際大会用の変更を行う必要がありますが、すべてRFENを通じて管理が行われます。

最後に、競泳のためにスイミングプールを修繕ことや規則の更新も、RFEN規制において検討されています。

この規則の中には水球に使用するプールの承認に適用される規制もあります。

こちらの記事もおすすめです。
水球について知っておくべきすべてのこと
Fit People
で読むことができます。 Fit People
水球について知っておくべきすべてのこと

海外では「ウォーターポロ」と呼ばれる水球の人気が高まっています。かつてはあまり人気がないスポーツの一つに考えられていた水球についてご存知ですか?運動という点で考えると、とても厳しいトレーニングが必要になる水球ですが、体への効果は絶大です。今回は水球について詳しく説明します。