Eres Deportista
 

人気のワークアウトプログラムBODYPUMPについて学ぼう!

安定した人気を誇るグループエクササイズプログラムであるBODYPUMPをご存知ですか? バーベルを使うグループエクササイズクラスであるBODYPUMPは、音楽に合わせた動きで主要な筋肉群を鍛えるとても楽しいクラスです。
人気のワークアウトプログラムBODYPUMPについて学ぼう!

楽しみながら全身を鍛える、強度の高いフィットネスプログラムをお探しですか? それならぜひ、BODYPUMP(ボディーパンプ)をお試しください。

BODYPUMPは、あらゆるタイプの有酸素運動とさまざまな筋肉群を鍛える運動を組み合わせた身体トレーニングプログラムです。今回はBODYPUMPの利点を含むすべてについてご紹介します。

まず最初に、BODYPUMPというフィットネスプログラムの定義をご説明します。BODYPUMPは専用のバーベルを使って行うウェイトリフティングと有酸素運動を組み合わせたフィットネスプログラムで、一般的にはジムなどでグループクラスとして行われています。性別や年齢を問わず人気のプログラムですが、その中でも特に、身体を引き締めて理想のスタイルを目指す女性の間でより人気が高まっている運動の一つと定義することができるでしょう。

BODYPUMPについて知っておくべきこと

BODYPUMPは、1991年にニュージーランドのオークランドで生まれたフィットネスプログラムで、現在は、Les Mills International(レスミルズインターナショナル)グループが、プログラムで使用する音楽とその音楽に合わせた身体に効果のある動きを作成します。このLes Mills Internationalグループを通じて、世界100か国以上でボディーパンプが行われています。

一般的なBODYPUMPクラスは、インストラクターが指導を行うグループエクササイズの形式のおよそ1時間クラスです。クラスの間は、インストラクターの指示に従い、10曲の音楽に合わせ、曲ごとに異なる筋肉群を鍛えます。

ウォームアップ、スクワット、チェスト、バック、トライセップ、バイセップ、ランジ、ショルダー、腹筋、そしてクールダウンの10曲で、それぞれのトラックでは、バーベルを使った筋力トレーニングを行いながら有酸素運動の効果もある動きを取り入れています。

まず最初にウォームアップを行なった後は、前述のように脚と臀筋、胸筋、背中の筋肉、上腕三頭筋、上腕二頭筋を徹底的に鍛えます。

その後は、ランジトラックで下半身を鍛えた後、肩の筋肉に働きかけ、腹筋のエクササイズをしたら、クールダウンで終了です。強度の高い全身の筋肉群を鍛えるプログラムで、各トラックの間には短い休憩があります。

人気のワークアウトプログラムBODYPUMPについて学ぼう! プレートを手に取る女性

BODYPUMPの利点は何ですか?

まず最初に、BODYPUMPというプログラムの主な利点と目的をご紹介します。

ボディーパンプの効果は、筋肉量の増加や少なくとも筋肉を引き締めることなどがあげられます。ただし、このような利点は、太りすぎの人にはあまり見られませんが、体脂肪量が少ない人には効果が見られます。

もちろん、BODYPUMPのもう1つの利点はカロリーを燃焼することです。専門家の指導に従いながら適切な食事法の実践と組み合わせることで、体脂肪を減らすのに役立ちます。

BODYPUMPクラスでは、一定のエクササイズの繰り返しによって、それぞれの筋肉群を効果的に動かすことが主要なテーマです。たとえば、動きの一部には、スクワット、プレス、デッドリフト、バイセップカールなどがあります。

バーベルとプレートは、BODYPUMPに欠かせないアイテムです。また、一部のトラックではステップ台を使った動きがあります。その他には、腹筋とクールダウンの際に使うマットが必要です。

自分が1曲の間に持ち上げられる重さや、自分の能力と運動目標に適した重さを選びます。また、ウェイトを使わずにクラスに参加することもできますが、運動強度が低くなるため、目標に到達するまでに時間がかかります。自分が必要な重さがわからない場合は、インストラクターがクラスの前や各トラックの間に説明をするため、それに従うことをお勧めします。

BODYPUMPクラスの有酸素運動としての側面と多様なウエイトトレーニングの効果により、姿勢の改善効果や関節を強化するのにも役立ちます。フィットネスレベルの向上により、首、背中、腰痛など、日常生活で感じる一般的な痛みの予防にも役立ちます。

週2~3回BODYPUMPを行う人達は、短期間で効果が実感できると話しています。シンプルでわかりやすい動きが多いため、他の有酸素運動クラスのように厳密に振り付けに従う必要はありません。

人気のワークアウトプログラムBODYPUMPについて学ぼう! トライセップオーバーヘッドプレス

BODYPUMPはどのくらいの頻度で行う必要がありますか?

有酸素運動や多くのカーディオルーチンと同様に、BODYPUMPは週2~3回行うことをお勧めします。それぞれのクラスの間は、必ず休息日をとる必要があります。BODYPUMPのクラスでも、30分または45分クラスは運動時間が短いクラスなので、週4回が良いでしょう。

BODYPUMPであろうと他のプログラムであろうと、これまで高強度のエクササイズを行ったことがない場合は、最初はゆっくりと始めることをお勧めします。軽めのバーベルやプレートを使用し、最初の数週間はすべてを完璧にやろうと無理をしないように気をつけてください。

クラスに慣れてくれば、インストラクターの指示に従って、徐々に強度を上げることができます。また、使用するプレートやバーベルの重さを少しずつ増やすことで、怪我のリスクを減らすことができます。

最後に、もう1つ大切なアドバイスをご紹介します。インストラクターの指示に従い、必ず正しいフォームでBODYPUMPクラスを行うようにしましょう。正しいフォームを維持することで、怪我を予防しながら、クラスを最大限に活用することができるでしょう。

女性のボディービル:種類とトレーニング方法

女性のボディービル:種類とトレーニング方法

ボディービルディングとは、ウェイトトレーニング、有酸素運動、アイソメトリック運動などを通じて筋肉を発達させて鍛えることです現在では、様々なボディービルの大会が開催されており、ボディービルの大会に向けて体を鍛えるのは本当の挑戦であり、忍耐と真面目さを必要とする長期間の努力が試されます。



  • Rustaden, Anne Mette, et al. “Effects of BodyPump and resistance training with and without a personal trainer on muscle strength and body composition in overweight and obese women—A randomised controlled trial.” Obesity research & clinical practice 11.6 (2017): 728-739.
  • Steven N. Blair. 1993. Evidence for Success of Exercise in Weight Loss and Control.
    Annals of Internal Medicine. https://www.acpjournals.org/doi/10.7326/0003-4819-119-7_Part_2-199310011-00015
  • Johnston, B. 2018. Beneficios del ejercicio. Merck Manuals. https://www.merckmanuals.com/es-us/hogar/fundamentos/ejercicio-y-forma-f%C3%ADsica/beneficios-del-ejercicio
  • Recomendaciones mundiales sobre la actividad física para la salud. Organización Mundial de la Salud. https://www.who.int/dietphysicalactivity/factsheet_recommendations/es/