新型コロナウイルス隔離措置:自宅で運動する5つの鍵

25 5月, 2020
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、不要な外出を避けて家にいること、そして自宅で運動することは健康に貢献する素晴らしい方法です。今回は、新型コロナウイルスの影響で、自宅で過ごしている時にぴったりのホームワークアウトを行う時の鍵をご紹介します。
 

新型コロナウイルスの感染が世界中に広がり、多くの国が感染の速度を低下させるために、様々な対策を講じています。

新型コロナウイルスの予防措置の1つが「隔離」です。

これは、不要な外出を避けて自宅で過ごすことですが、いくつか国ではすでに外出禁止令が発令されています。

専門家は、ジムで運動するのではなく自宅での運動を推奨しています。

隔離や外出自粛を真剣に受け止めていない人も少なくありませんが、政府機関や各自治体が出している基準や勧告を守ることが大切です。

なぜ隔離措置が必要なのですか?

現在世界で何か起こっているのかを理解するためには、新型コロナウイルスが何であるかを知ることが大切です。

スペイン保健省による定義は以下の通りです。

「コロナウイルスは、通常は動物にのみ感染するウイルスの一種ですが、人に感染することもあります」

SARS-CoV-2は、2019年12月に最初に検出された新型コロナウイルスです。この新しいウイルスは、人々に影響を及ぼし、COVID-19疾患を引き起こす可能性があります。

最も一般的な症状は次のとおりです。

  • 発熱
  • 息切れ

新型コロナウイルスの症状は軽度なのが一般的だと言われていますが、重症化することがあります。また、世界中で急速に感染が拡大していることに注目して、世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルスパンデミックと宣言しました。

隔離措置が必要なのは、感染速度を低下させるためです。

新型コロナウイルスの隔離措置中に自宅で運動するために

外出禁止や隔離措置に併せて、多く国ではスポーツジムが一時的に閉鎖となっています。

そのため、多くの人は自宅で運動を行う必要があります。

新型コロナウイルス隔離措置:自宅で運動する5つの鍵 ウォームアップ中の女性

新型コロナウイルスの感染拡大という状況に対処するための、いくつかの役立つヒントを紹介します。ぜひご活用ください。

適切なウォームアップ

自宅でエクササイズを行う時には、適切なウォームアップを最初に行う必要があります。

15分間程度のウォームアップを行うことで、筋肉の損傷や心血管系の問題を防ぐのに役立ちます。

特定の筋肉セグメントとその周りの関節を動かす、動的な動きを行いましょう。

プライオメトリクストレーニング

プロのスポーツ選手でなくても、基本的なプライオメトリクストレーニングは、自宅で行うワークアウトにお勧めです。

一般的には、プライオメトリクスはジャンプを行うと、さまざまな筋肉グループの強度と持久力の向上に貢献します。

ダイナミックジャンプまたはパッシブジャンプを行いましょう。

ダイナミックジャンプは、開始点から少なくとも30〜60 cm移動するジャンプで、パッシブジャンプは、同じ場所にとどまり、移動を避けるジャンプです。

 

関節の問題を抱えていたり、医師からの何らかの制限がある場合は、このタイプの運動を避けてください。

水分を補給を欠かさない

今回は自宅で行うワークアウトなので、屋外でのトレーニングはありませんが、ジムのワークアウトと同様に、室内で行なっていても汗をかいて電解質やミネラル塩を失います。

自宅でワークアウトすると、脱水症状になる可能性があります。

他の環境で運動する時ほどは脱水になる可能性は少ないかもしれませんが、脱水が起こらないわけではありません。

自宅で運動する時に大切なのは、適切な方法で不足している栄養素を補充することです。

新型コロナウイルス隔離措置:自宅で運動する5つの鍵 水分補給

ミネラル含有量の高い飲み物を飲むことは、水分を保つための素晴らしい方法です。自宅で運動するときは、あらゆる種類の代償不全を回避することが重要です。

新型コロナウイルスによる隔離措置中はトレーニング機器を消毒する

ほとんどのホームトレーニングルーチンは機器を必要としません。ただし、マット、ダンベルなどのアイテムは非常に役立ちます。

これらのツールを使用する場合は、それらを消毒が大切です。

新型コロナウイルスの感染が拡大している現状では、新型コロナウイルスだけでなく様々なウイルスや最近の蔓延を予防することが欠かせません。

運動後の休息

自宅でのワークアウトは、健康的な習慣やライフスタイルを継続するのに欠かせない通常のワークアウトの代替手段です。

運動を行う環境が変化するからと言って、体に大きな影響を与える必要はありません。

ジムでのワークアウトと同じように、自宅で運動を行なった後は十分な休息を取る必要があります。

目標は、乳酸が筋肉に蓄積して過度の疲労を起こしたり、筋肉が痙攣を起こすのを回避することです。

新型コロナウイルスによる隔離措置を、これまで構築した運動習慣を放棄する理由にしてはいけません。

今回ご紹介したヒントを参考に自宅で運動を継続し、新型コロナウイルスのパンデミックによる隔離措置を健康的に乗り越えましょう!

 
  • Pliometria Aplicada à Reabilitação de Atletas. (2010). Revista Salus.
  • López-Miñarro, P. Á. (2006). Calentamiento y vuelta a la calma. Facultad de Educación. Universidad de Murcia.
  • Johnston, B. 2018. Beneficios del ejercicio. Merck Manuals. https://www.merckmanuals.com/es-us/hogar/fundamentos/ejercicio-y-forma-f%C3%ADsica/beneficios-del-ejercicio