スポーツにおける生産性を高めるための5つの戦略

アスリートにとって、生産性を向上させることはより速くより良いパフォーマンスをするのに役立つため重要です。今回は、スポーツにおいて生産性を高めるための簡単なヒントをご紹介します。

最後の更新: 27 10月, 2020

誰もが日常生活における生産性を高めたいと思っているのではないでしょうか? より少ない労力とリソースを最大限に活用して、より良い結果を生み出したいと考える人がほとんどでしょう。

アスリートの場合、生産性が高いほどより短い時間でより良い成果が得られます。つまり、運動を最大限に活用し、目の前のタスクに集中することができます。

スポーツにおける生産性は、個人的要因、状況的要因、そして環境的要因などの多くの異なる要因に依存していますが、生産性を高めるためにおすすめのいくつかのアドバイスがあります。

生産性を向上させる方法

一般的によく思われていることに反して、パフォーマンスを向上させるためには特別な規律に従ったり何らかの責任を負う必要はありません。自分の行動に責任を持つ人間であることは素晴らしい特性ではあるでしょうが、生産性の向上という点において、それがすべてではないことは確かです。

コミットメントやモチベーションなどをはじめとするさまざまな変数は、私たちの生産性に大きな影響を与えます。ここからは、生産性を高めて効率を上げるのに役立ついくつかの簡単なヒントをまとめてご紹介します。

1.短期、中期、長期の目標を設定する

目標設定とは、自分で設定した目標が持つ成功の可能性を最大化するのに十分であることを認識する心理学的な手法です。そして、アスリートのモチベーションを上げるために使われる主なテクニックの一つです。

モチベーションは生産性と密接に関連しています。アスリートにやる気があり、モチベーションを高く維持している場合、自分の目指す目標に向かってより多くの労力を注ぎ、一生懸命努力することを惜しまないでしょう。つまり、意欲が高ければ、論理的には生産性が向上すると考えられます。

2.タスクを簡素化し、より生産的になるために整理する

多くのアスリートは、「自分が何をする必要があるかを明確に理解できないから生産性を高めるのが難しい」と感じています。さまざまなタスクとアクティビティーを取り入れたスケジュールに従う必要がある場合、やるべきことが多すぎて、迷いや混乱が容易に生じてしまうことが多くあります。

これに対処するためには、タスクとアクティビティを簡略化し、実践する手順と順序を慎重に検討することをお勧めします。タスクの簡略化によって、時間をより効果的に活用できるだけでなく、タスクに優先順位を付けることで、自分が行うべきタスクがよりわかりやすくなります。

また、アクティビティを整理すると、アスリートのスキルと知識が定着するのに役立ちます。プロセスがシンプルであればあるほど、学んだことを忘れる可能性が低くなります。

3.気を散らすものを取り除く

私たちの生活は、注意を散漫にする電子機器やさまざまなアイテムに囲まれているため、集中力が容易に切れてしまう可能性があります。

生産性を高めるには、目の前のタスクにすべての認知力を集中させる必要があります。そして、タスクに関係のないものはすべて取り除くなどの対策を講じることが重要です。

ここでは「フロー」という心理学の概念が効果を発揮する可能性があるため、少し説明を加えます。この概念は、チクセントミハイ(Csíkszentmihályi(1975))によって提唱されたもので、自分が実行している活動に完全に没頭するときの状態を指します。

誰かが「フロー」の状態にあるとき、自分の周りで起こっていることには目がいきませんし、どれだけの時間が経過しているかを考えることもなくなります。このため、フローの状態に入っている人は、誰よりも生産性が高い状態に達する可能性があります。

4.休息と睡眠を忘れない

より多く動けば動くほど、より良い結果が生まれるという誤った考えを信じている人が少なくありません。しかしこれは明らかに間違った考え方であり、生産性を高めるために長時間仕事をしたりトレーニングをする必要はありません。

私たちの持つ精神力には限界があるため、十分な休息と睡眠を取り、心を回復させることが重要です。これは、運動後に筋肉や関節を休ませる必要があるのと同じように、脳も十分な休息が必要だからです。


さらに、運動中に十分な休憩を取らずにトレーニングを続けると、バーンアウトと呼ばれることもある燃え尽き症候群になる可能性が高くなります
。休息と睡眠は、アスリートの体と心をリフレッシュさせ、思考をクリアにして、ポジティブな姿勢でトレーニングに取り組むのに役立ちます。

5.自分に最適な学習方法を見つける

スキルを習得するための多くの方法がありますが、それらのすべてが誰にでも同じように機能するわけではありません。つまり、生産性を高める場合は、アスリートにとっての最も効果的なトレーニング方法を見つけることが重要な要素になる可能性があります。

アスリートの中には、口頭での指示によってより動くことができる選手もいれば、目で見て真似たり観察することで学ぶ方法が好きな選手もいます。私たちの学習能力はとても柔軟で、さまざまな方法で新しいスキルを学ぶことができますが、自分に最適な学習テクニックを見つけることができれば、学習速度がはるかに速くなります。

心から強く望めば生産性を高めることができる

生産性を高めたい場合に、強い責任感を持つ必要はありません。生産性は、時間の管理と各個人の性格や特性、そしてどれだけしっかりと気分転換ができるかなどによっても異なります。

今回ご紹介したアドバイスが正常に機能するためには、週1回だけ生活に取り入れるのではなく、新しい生活習慣を作り出す必要があります。つまり、何か物事を実践する新しい方法を学び、通常のルーチンに新しいものを加える必要があります。すぐに効果は現れないかもしれませんが、継続することで、いずれ大きな違いを実感するでしょう。

それはあなたに興味があるかもしれません...
Fit PeopleRead it in Fit People
毎日のモチベーション:効果的なアドバイス

モチベーションなくして良い結果は得られません。モチベーションがないと、人生のすべてが困難で、良いことがないように感じるかもしれません。大切なのは、モチベーションを維持するために役立つ効果的なアドバイスを時間をかけて学ぶことです。本気では毎日のモチベーションに効果のあるアドバイスをご紹介します。



  • Csikszentmihalyi, M. (1975). Beyond boredom and anxiety. San Francisco: Jossey-Bass.