名テニスプレイヤー ダビド・ゴファン

30 6月, 2020
ダビド・ゴファンは、ヨーロッパで優秀なテニスプレイヤーのひとりです。世界トップ10に入っており、様々な打球で、相手を追い込みます。
 

ダビド・ゴファンは、1990年12月7日ベルギー、リエージュ出身のプロテニスプレイヤーです。男子プロテニス協会(ATP)によるとゴファンは世界トップ7に入っています

他のテニスプレイヤーと比べ、背が高い方ではありませんが、そんなことは関係ありません。ここでは、名テニスプレイヤーになったゴファンのスキルを分析しました。

ダビド・ゴファンのプレイ

ダビド・ゴファンは、コートの後ろにいることが多いです。強力なドライブで加速させ、敵を圧倒させます。このスタイルは、クレーコート上で優秀なプレイをするのに最適です。

しかし彼は、スピードが出るコートを好むようです。実際、ゴファンはスピードが出るハードコートで、4つのタイトルを獲得しています。ダビド・ゴファンのプレイは、スペイン出身のラファエル・ナダルのものに似ています。つまり、カウンターアタックとすべてのボールを持続的に打つことにより、得点を入れます。

また、ダビド・フェレールと比較されることもよくあります。しかし、ダビド・ゴファンは、この2人よりも粘り強いようです。相手がネットの近くにいる時、攻撃に力を入れることを得意とします

テニス

リフト

ゴファンは、サーブが得意でないため、テニスの基本的テクニックを利用します。そのテクニックとは、オープントップスピンで、このサーブにより、相手をベースラインから離れさせます。そして、次のボールで主導権を握ります。

また、ダビド・ゴファンはうまく得点がとれない時、相手をネットに近づけるようショットを打つ傾向があります。そして、相手がネットに近づいたところで、得意のパッシングショットを打ちます。

ダビド・ゴファンはいつもトップスピンを打ちますが、ラケットの持ち方はコンチネンタルグリップです。この持ち方により、ボールを使い様々な効果を作り出し、力を入れず方向を変えられるため、彼に優位に働きます。そして、完成度が高く、得意とするドロップショットを打ちます。

 

バックハンドのロジャー・フェデラーや強力なライトのフアン・マルティン・デル・ポトロのように、ゴファンは洗練されたプレイヤーではありません。しかし、彼は豊富な打ち方ができる多才な選手として有名になっています

すべてのプレイヤーがそうであるように彼にも弱点があります。バックハンドです。相手に、より大きな影響を与えるためには、バックハンドを鍛えるといいのかもしれません。

ゴファンは、得点が入らない時、得意とするパッシングショットを打つ前に、ドロップショットを打つ傾向があります。

走るダビド・ゴファン

勝利のメンタリティ

身体的能力やテクニックに加え、ダビド・ゴファンはメンタル面でも優れています。素早い思考回路をもち、試合前後、そして、試合中も状況を慎重に分析します。さらに、勝者と敗者の両者を同様に分析します

2009年、トッププレイヤーになるため、筋肉量を増やすようになって以来、彼は変わりました。これに気づいてから、筋力と筋肉量の両方を鍛えました。また、ライバルに合わせて調整する明快な戦術があります。攻撃する相手により異なるストラテジーを構成し、同じ試合は行いません。

ダビド・ゴファンはもっとも優れたプレイヤーというわけではありませんが、大きな力をもつ選手です。彼は28歳で、まだ学んでいけることは多く、これからより優れた選手になっていくことでしょう