ラブハンドルを取り除く!お腹周りに効果的な8つのエクササイズ

01 8月, 2020
ラブハンドルと呼ばれるお腹周りの脂肪にお悩みですか? 今回ご紹介する効果的なエクササイズで、お腹周りの脂肪を落としましょう。

ラブハンドルとは、腰、腹部、太ももの周りの過剰な脂肪の蓄積を指します。この部分に脂肪が蓄積されると、洋服を着た時にも服からこの部分が飛び出すことがあり、あまり魅力的ではありません。

今回の記事では、ラブハンドルを取り除く解決法となる、6つの最高で効果的なエクササイズをご紹介します。このまま読み進めてください!

男女にはホルモンの代謝に違いがあるため、ラブハンドルの問題は、男性よりも女性に多く見られる傾向があります。つまり、女性はお腹周りに脂肪を多く蓄積する傾向があります。

しかし、女性だけがお腹周りの脂肪に悩むわけではありません。性別に関係なく、ラブハンドルとはお腹周りに蓄積された過剰な脂肪のことであり、適切な運動をすれば簡単に燃焼することができます。

今回ご紹介する効果的な運動をやる気を持って実践すれば、ラブハンドルを取り除くことができるでしょう。

ラブハンドルを取り除くのに役立つエクササイズ

1.縄跳び

縄跳びは、コーディネーション力を向上し、肺活量を増やして鍛え、体内の毒素を除去するなど、私たちの身体に多くの利点をもたらすエクササイズの一つです。また、多くのカロリーを燃焼するのが縄跳びの持つ最も重要な利点の一つです。

縄跳びは、ラブハンドルを取り除くのに役立つ最も基本的なエクササイズです。早速縄跳びを始めましょう!

2.ランニング

ランニングはラブハンドルを取り除くのに理想的な運動ですが、セルライトを減らし、体内の血流を増やすのにも役立ちます。また、ランニング用の靴やウエア以外には、運動機器が必要のない手軽に準備が整う運動の一つでもあります。

ラブハンドルを取り除く!お腹周りに効果的な8つのエクササイズ ランニング

3.バーピー運動

バーピー運動とは、生理学者であるロイヤル H. バーピー博士が作成した複雑なエクササイズで、第二次世界大戦中にアメリカ兵を訓練するために使用されました。それ以降は、様々なトレーニングやトレーニングプログラムの中でバーピーが使われました。

バーピーの持つ最大の利点の一つが、脂肪を燃焼すると同時に筋肉を鍛えて引き締めることです。つまり、バーピーはラブハンドルを取り除きながら、お腹周りの筋肉を鍛えて強化するのに役立つ運動です。

ラブハンドルを取り除く!お腹周りに効果的な8つのエクササイズ バーピー

4.スクワット

丸みのある形の良い臀部と引き締まった太ももを目指すなら、スクワットを行いましょう。効果的なエクササイズとして行うスクワットには、さまざまな種類があります。

  • エクストリームスクワット
  • ジャンプスクワット
  • ゴブレットスクワット
  • ピストルスクワット
  • ウエイトスクワット(ウエイトを使う)

トレーニングの一例として、週2回、スクワットをワークアウトルーチンに加える方法があります。このワークアウトルーチンの良い点は、即効性のある効果が期待できるという点です。ワークアウトに一貫性があると、より高い効果が期待できるでしょう。

スクワットをする女性

5.ズンバ

Zumba Fitness(ズンバ)は、ラブハンドルを取り除くのに役立つ、楽しくダイナミックなエクササイズの一つです。ズンバクラス中に行うダンスのステップによって体が刺激され、脂肪燃焼のための運動をしていると意識することなく、楽しく運動を継続することができます。

ズンバは、ジムやダンススタジオでクラスが行われていますが、ズンバのサイトなどからZumba Fitness のDVDを購入して、自宅でズンバを楽しむこともできます。

6. HIIT(高強度インターバルトレーニング)

HIITは、High-Intensity Interval Training(高強度インターバルトレーニング)の略です。

HIITとは、短時間に高強度の運動を行うトレーニングです。短時間の運動で体を最大限に機能させて、可能な限り高いカロリーを燃焼させることを目的としています。

HIITワークアウトは、手軽にそしてすぐに実践できる運動ですが、運動強度やレベルは高いため、辛く感じることもあるかもしれません。しかし、信じられないほどの高い効果が得られるため、努力をして運動し、汗を流す価値のある運動です。

HIITワークアウト

7.腹部のエクササイズ

腹部のエクササイズは、ラブハンドルを取り除くのに効果的ですが、一つの運動だけでなく、さまざまな種類の腹筋運動を行う方がより効果的であることを覚えておきましょう。つまり、腹部はいくつかのセクションに分かれているため、各セクションごとに3つ以上の動きを取り入れ、時々エクササイズを変更するようにしましょう。

腹斜筋から腹筋の中央部分まで、すべての腹筋を鍛えるエクササイズを行うようにしてください。お勧めの腹筋運動をいくつかご紹介します。

  • プランク
  • レッグエレベーション
  • バイシクルクランチ
  • シザーキック
  • シーテッドロシアンツイスト

8. LISSトレーニング

LISSはLow-Intensity Steady State(低強度定常状態)の略で一般的にLISSトレーニングまたはLISS有酸素運動と呼ばれます。

LISSトレーニングは、エクササイズや強度の高いトレーニングに慣れていないに人にとって素晴らしいエクササイズの一つですし、簡単に運動したい人にもお勧めです。その名が示す通り、低強度の有酸素運動です。

LISSトレーニングはカスタマイズをすることができるため、ライフスタイルに合わせて簡単に毎日のスケジュールに組み込むことができます。 LISSトレーニングのオプションを次にご紹介します。

  • サイクリング
  • 水泳
  • ウォーキング
  • ジョギング
健康的な食事

ラブハンドルを取り除くためには健康的な食事が不可欠

ラブハンドルを取り除くためには運動が必要ですが、それだけでは十分ではありません。健康的で バランスの取れた食事をとり、水分を補給することは、お腹周りの脂肪を取り除くという目的を達成するために考慮すべき要素の一つです。

砂糖が多い食品や飲料の摂取は避けてください。効果的なエクササイズに加えて、健康的な食生活を維持しながら、水分を十分に補給してください。今回ご紹介したシンプルなアドバイスを参考に、ラブハンドルに別れを告げてくださいね!

  • Gillen, J. B., & Gibala, M. J. (2014). Is high-intensity interval training a time-efficient exercise strategy to improve health and fitness? Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism39(3), 409–412. https://doi.org/10.1139/apnm-2013-0187
  • Trapp, E. G., Chisholm, D. J., Freund, J., & Boutcher, S. H. (2008). The effects of high-intensity intermittent exercise training on fat loss and fasting insulin levels of young women. International Journal of Obesity32(4), 684–691. https://doi.org/10.1038/sj.ijo.0803781
  • Fernández Vázquez, R., Martínez Blanco, J., García Vega, M. del M., Barbancho, M. Á., Cruz, J. R. A., & Alvero-Cruz, J. R. (2015). EFFECTS OF FOOD AND DRINK INGESTION ON BODY COMPOSITION VARIABLES OF ABDOMINAL BIOELECTRICAL IMPEDANCE. EFECTOS DE LA COMIDA Y LA BEBIDA SOBRE LAS VARIABLES DE COMPOSICIÓN CORPORAL EN LA BIOIMPEDANCIA ABDOMINAL.32(5), 2269–2273. https://doi.org/10.3305/nh.2015.32.5.9618
  • González Calvo, G., Hernández Sánchez, S., Pozo Rosado, P., & García López, D. (2011). Asociación entre tejido graso abdominal y riesgo de morbilidad: Efectos positivos del ejercicio físico en la reducción de esta tendencia. Nutricion Hospitalaria. https://doi.org/10.3305/nh.2011.26.4.5201