学校とスポーツのバランスを見つける方法

06 10月, 2020
学校とスポーツの良いバランスを見つけるのは、スポーツ選手の悩みの一つではないでしょうか? しかしこれは実現不可能なことではありません。今回の記事では、学校とスポーツのバランスを見つけるのに役立つアドバイスをご紹介します。

学校とスポーツをどのように両立させるかという問題は、スポーツ選手、保護者、教師を悩ませるものです。多くの場合、学校とスポーツの両立は難しいと考えられていますが、それは本当でしょうか?

スポーツ選手の人生において、一方を選び、もう一方を捨てなければならないことがよくあります。また、子どもの成績が心配な親は、成績が上がるまでスポーツを禁止することもあるでしょう。

実は、学校とスポーツには互換性があり、お互いに補完し合いプラスの効果をもたらす関係です。今回の記事では、学校に行きながらスポーツを継続することのメリットと、それぞれのバランスを取るためのヒントについてお話しします。

学校とスポーツ:スポーツトレーニングは学業成績向上に役立つ

人生の様々な段階において、学校とスポーツの密接な関係を証明する多くの研究があります。ここからは、身体運動が知的パフォーマンスを向上させるいくつかの例をご紹介します。

  • 顕在記憶の改善:顕在記憶とは、記憶の内容や出来事を言葉で説明できるかどうかに基づいています。脳には海馬と呼ばれる構造があります。子どもたちを対象とした研究で、心血管系機能の働きが良い人は海馬の量が多いことがわかりました。これは、健在記憶を必要とする作業において優れていたことを示しています。
  • 集中力の持続時間の増加心、脳、教育の研究分野において、視覚的識別タスクを行う前に30分間の有酸素運動を行うことで、13、14歳の子供の集中力の持続時間が向上することが明らかになりました。
  • 認知能力の向上:数学、読書、綴りのテストを受けた9歳の子供たちを対象とした実験では、トレッドミルで20分間走った生徒の方が学習能力が向上しました。
学校とスポーツのバランスを見つける方法 家で学習する男性

  • 脳の老化を防ぐ:成人と高齢者を対象とした研究では、運動によりBDNF(脳由来神経栄養因子)値が上昇することが明らかになりました。このタンパク質は、脳組織の厚さと密度を増加させる新しいシナプスの作成に関与しています。
  • 自制心を高める武道は攻撃的な衝動を軽減することが示されています。また、子供たちの向社会的行動 を促進します。

学習カレンダーを作る

学校とスポーツを両立させる効果的な方法は、学習時間を決めたカレンダーを作ることです。このカレンダーでは、スポーツの練習時間と移動時間を考慮に入れ、勉強する学校の科目に優先順位をつけることが大切です。言い換えると、より難しい科目や苦手意識がある科目に多くの時間を費し、簡単な科目などには費やす時間を少なくする必要があります。

カレンダーを作成したら、そのカレンダーをよく見える場所に置いて、忘れないようにします。さらに、勉強とそれに専念する時間を書き留めておくと、タスクとして勉強に専念して完了しやすくなります。

良い学習習慣を理解し身につける

数時間勉強する場合は特に、どの生徒にとっても健全な学習習慣を身に付けることが不可欠です。良い学習習慣を理解することは、勉強時間を最大限に活用して、気を散らさないようにすることを意味します。

自然光が入り、邪魔にならない、清潔な場所で勉強しましょう。1時間学習するごとに15分の休憩を取ります。身体活動がウォーミングアップを必要とするのと同様に、精神面の活動もウォーミングアップを必要とします。最大の集中力とパフォーマンスのピークは、タスクを開始してから20分後に発生し、50分後に疲労し始めて集中力が落ち始めます。

そのため、大変な勉強から始めてください。基礎の勉強、概要や要約などを作成し、後でそれらを記憶します。

最後に、休憩は15分以内であることが重要であると覚えておきましょう。15分以上休憩を取ると、ここまでに獲得した集中力がすべて失われ、最初からやり直す必要があります。

こちらもご参考に:正確さと集中力のスポーツ:ゴルフの基本概念

あとでできることに気を取られない

勉強しているときに、ついついスマートフォンを見たり、ゲーム機の電源を入れたい衝動にかられるかもしれませんが、勉強中の集中力や注意を妨げるだけでなく、勉強スケジュールを乱す原因になります。

学校とスポーツのバランスを見つける方法 スムージーを飲むティーン

気が散るのを防ぐためには、スマートフォンやゲームを引き出しの中、棚の上、または別の部屋に置いてください。すぐ手が届く場所に置かず、これらの機器を触るためには、何らかの努力をしなくてはいけないと、触りたいと感じる可能性が減ります。

その日の勉強スケジュールを完了した後でのみ、ご褒美としてスマートフォンやゲームを使うようにしてください。心理学において、これはプレマックの原則として知られているものです。この原則では、あまり楽しくない活動の後に自分が欲しいものを手に入れるのは、気が乗らない活動を行う気持ちを強化する効果があることを示しています。

続きはこちらから:アウトドアでスポーツを楽しもう!

トレーニング中は勉強のことを忘れる

何か心配事があると、いつでもそのことばかりを考えてしまいがちですが、過度の心配はマイナスの結果をもたらすだけです。 トレーニング中は、勉強に関する心配事は忘れて、スポーツトレーニングに必要なことだけに集中してください。

休息の時間には、スポーツのことを一度忘れてリラックスします。こうすることで気持ちを切り替え、心配のない状態で勉強できるようになります。慣れてくると、気持ちの切り替えがさらに上手になるでしょう。

学校とスポーツ:結論

以上のことからも、学校とスポーツのどちらを選ぶのではなく、お互いを補完して完全に適合するのがより良い方法だということがわかります。良い学習習慣、宿題のスケジュール、そしてそれらをしっかりとやり遂げるための規律があれば、毎日しっかりと勉強を行いながら、スポーツトレーニングを行うのに十分な時間を確保することができるでしょう。

  • Chaddock, L., Erickson, K. I., Prakash, R. S., Kim, J. S., Voss, M. W., VanPatter, M., … y Cohen, N. J. (2010). A neuroimaging investigation of the association between aerobic fitness, hippocampal volume, and memory performance in preadolescent children. Brain research, 1358, 172-183.
  • Hillman, C. H., Pontifex, M. B., Raine, L. B., Castelli, D. M., Hall, E. E., y Kramer, A. F. (2009). The effect of acute treadmill walking on cognitive control and academic achievement in preadolescent children. Neuroscience, 159(3), 1044-1054.
  • Kubesch, S., Walk, L., Spitzer, M., Kammer, T., Lainburg, A., Heim, R., y Hille, K. (2009). A 30‐minute physical education program improves students’ executive attention. Mind, Brain, and Education, 3(4), 235-242.
  • Orozco-Calderón, G. (2015). Cerebro y artes marciales: beneficios, riesgos e intervención neuropsicológica. Ciencia & Futuro, 5(4), 142-156.
  • Ramírez, W., Vinaccia, S., y Gustavo, R. S. (2004). El impacto de la actividad física y el deporte sobre la salud, la cognición, la socialización y el rendimiento académico: una revisión teórica. Revista de estudios sociales, (18), 67-75.