【すべてのサイクリスト達へ】知っておきたいサイクリングの基礎

08 8月, 2020
完全なスポーツの1つだと考えられているサイクリングは、満足感が得られる非常にやりがいのあるスポーツです。ただし、適切なサイクリングトレーニングを行うために必要となる、サイクリングの基礎を知っておきましょう!
 

サイクリングは、必要なトレーニングに時間をかける努力をする人にとって、非常にやりがいのあるダイナミックなスポーツです。今回は、適切なトレーニングを行うために必要なガイドラインとなるサイクリングの基礎をご紹介します。

こちらもご参考に:自転車を乗りこなすためのヒント

まず、生まれながらにサイクリングの才能を持っている人はほとんどいないことを知っておきましょう。サイクリストが結果を出すために必要なのは、血の滲むような努力、流す汗、そして時には涙も含まれます。健康的でバランスのとれた食生活から夜間の生活習慣まで、サイクリストとして結果を出したい場合は、すべてをリセットしてトレーニングを始める必要があります。

サイクリングの基礎:トレーニング

サイクリングの基礎となるベーストレーニングとは、酸素を効率的に使用および消費するために身体を準備する方法を指します。サイクリングにおける優先事項の1つは、適切なトレーニングプランを立てることです。

このベーストレーニングは、冬の初めに開始するのが理想とされ、夏に「完璧さのピークに到達する」ことを目標としており、この方法gが、非常に効果的なトレーニングと考えられています。

持久力を向上させて目標を達成するためにトレーニングを行うというのは、前述の酸素の効率的な使い方だけではありません。予期しない問題が発生した場合に備えて、常にエネルギーを確保できる能力を維持するのも重要な要素の一つです。特に、競技としてのサイクリングにおいては、重要な役割を果たします。

 

正しいトレーニングを行ったランナーは、レースにおいて急な上り坂でも耐久性を維持できます。そして、最も大切なのは、怪我の予防を常に念頭においてサイクリングを行うことです。

すべてのサイクリストが知っておくべきサイクリングの基礎 水を飲むサイクリスト

完全なトレーニングプログラムの秘訣

サイクリング競技では才能だけでは不十分であり、基礎トレーニングがすべての勝利につながります。基礎トレーニングの秘訣とは何でしょうか?

すべてのサイクリストが完璧なトレーニングプログラムを行うために習得すべき、サイクリングの基礎について説明します。

  1. 心拍数のコントロール:心拍数のコントロールと聞くと、退屈に感じるサイクリストもいるかもしれませんが、心拍数を測定して、速度計画とリズムに合わせることは、長期的に見ると、自分が目指す持久力に到達するための最も体系的なトレーニング方法の一つです。
  2. トレーニング時間や距離の蓄積:常にレースやルートに比例してトレーニング時間と距離を計画して増やしていくことで、定量的なトレーニングを効率よく行うことが可能になります。
  3. トレーニング強度の調整:トレーニングの質と量は、サイクリングトレーニングプログラムの基礎となる2つの中心的な概念です。
  4. 自己規律と多様性:トレーニングプログラムで大切なのは、様々な変数の変更を受け入れることができるかどうかです。その一方で、目立つ結果は徐々に少なくなります。
 

こちらもご覧ください:サイクリング中に起こしやすいケガとその対策とは?

サイクリングの基礎:アクセサリー

上記のサイクリングの基本に加えて、サイクリストはアクセサリーや機器などの特定の側面にも注意を払う必要があります。多くのアクセサリーは高価ですが、基本的なものは安く購入することができるので怖がらなくても大丈夫ですよ。

屋外で何時間も自転車のペダルを漕ぐ時間を補完するアイテムを揃えることで、サイクリングの時間のすべてが、より安全で楽しいものになります。サイクリストにお勧めのアクセサリーには次のようなものがあります。

  • レインジャケット:天候、冷たい風、雨など、予期せぬ気候の変化から私たちを守ります。レインジャケットの利点は、乾きやすく非常に軽い素材が使われていることです。レインジャケットのもう一つの利点は色です。通常は、ネオンまたは蛍光色など、自転車に乗るときに最も安全な色が使われています。
  • 自転車用ライト:サイクリングのトレーニングを安全にするもう1つの必須要素が、自転車用のライトです。仕事の後に自転車に乗って外出するのは、サイクリストにとって珍しいことではありません。取り付けが簡単な防水のライトを選択するのが理想的です。
  • 手袋:寒さから身を守る冬だけでなく、一年中サイクリング用の手袋が必要です。サイクリング中は手が露出していますが、転倒などに備えて、手袋で手を保護する必要があります。手の保護は、サイクリングの基礎の1つです。
  • ポンプとツールキット:空気ポンプはサイクリストが携帯する必要のある基礎ツールの1つです。メンテナンス上の問題が起こることを予測してツールキットを準備するのは、やりすぎではなく良い習慣です。
 
すべてのサイクリストが知っておくべきサイクリングの基礎 マウンテンバイク

サイクリングの基礎は安全の上に成り立つ

サイクリングに役立つその他のアクセサリーには、着圧ソックス、保護ニーパッド、高品質で高トラクションのタイヤ、スポーツドリンク、特定のバイクシートに適した下着などがあります。

サイクリングに出るたびに、すべてのアクセサリーや機器を携帯する必要はありませんが、使用する時のためにも、すべてをまとめておくことをお勧めします。

結論として、サイクリングの基礎とは、適切なトレーニングプログラムから必要なアクセサリーや機器までのすべてが含まれます。安全、スピード、快適さのすべてが、サイクリングの成功につながります。

 
  • Mitchell, J., Fear, G. (1977). Fundamentals of Outdoor Enjoyment. Survival Education Association, 9035 Golden Given Road, Tacoma, WA 98445.
  • Burke, E. R. (1980). Physiological Characteristics of Competitive Cyclists. The Physician and Sports Medicine, 8(7), 78-84.
  • Paton, C. D., Hopkins, W. G. (2005). Combining Explosive and High-resistance Training Improves Performance in Competitive Cyclists. The Journal of Strength & Conditioning Research19(4), 826-830.