含まれているカロリーが高い果物はどれ?

多くの果物には水分が多く含まれていますが、カロリーも多く含まれている果物もあります。今回の記事では、カロリーの含有量が高いため、適度に消費する必要がある果物をご紹介します。

最後の更新: 26 1月, 2021

果物や野菜を食べることは健康的なライフスタイルに欠かせません。果物に含まれる微量栄養素は体内の炎症を調節し、老化プロセスを遅らせるのに役立ちます。ただし、すべての果物が同じであるとは限りません。一部の果物には他の果物よりも多くのカロリーが含まれています。

健康的な食生活を継続する場合、体重の増加、維持、または減量が目的かどうかに関わらず、消費カロリー数に細心の注意を払うことが重要です。

カロリーが最も多い果物

原則として、ほとんどの果物はほとんどが水分なのでカロリーが低い傾向がありますが、ここからご紹介するようにいくつかの例外があります。

バナナ

バナナは果物の中でも最も糖分が豊富な果物の1つであり、多くのカロリーが含まれています。バナナ100gのカロリーは122カロリーですが、これはカロリーとしてはかなりの量です。

しかし、Nutrients誌に発表された研究に示されているように、バナナには血圧を下げるために不可欠なカリウムが豊富に含まれています。さらに、カリウムは血糖値を制御し、運動中のけいれんを防ぐのにも役立ちます。

デーツ

デーツは果物の中でもおそらく最も甘い果物であり、多くの炭水化物を含んでいます。

砂糖の代わりとして焼き菓子などに使われるデーツは、100gあたり282カロリーです。これは果物としてはかなりのカロリー量です。

そのため、デーツは適度に消費する必要があります。摂取量を考えて摂取しないと、糖分の1日の推奨摂取量を簡単に超えてしまい、膵臓に損傷を与えて体重が増える可能性があります。

アボカド

デーツとバナナは炭水化物が豊富なためカロリーが多く含まれていますが、アボカドは脂肪が豊富であるためカロリーが高くなります。アボカドは脂質が大変豊富に含まれた果物で、主に脂肪酸、特にオメガ-3を豊富に含んでいます。

この不飽和脂肪酸は、特定の心血管疾患のリスクを軽減できることが示されているため、炎症を抑えるために定期的に適量を食べるのが良いでしょう。

アボカドを食べるのは健康に良いと言われていますが、アボカドだけでなく、オリーブオイル、脂を多く含む魚、シード類などの他の健康的な脂肪源を食生活に加えるようにするのがお勧めです。

ナッツ

ほとんどの人はナッツを果物とは見なしませんが、実はナッツは多くのカロリーを含む果物です。ナッツは主に、良質のタンパク質と健康的な脂肪で構成されています。

ナッツは、適度に食べることが重要です。適量でない場合、消費カロリーが多すぎて体重が増える可能性があります一日に一握りのナッツを食べることを目指して、異なる品種を交互に試してください。

果物はカロリーを多く含む可能性がある

前述のように、ほとんどの果物の主な成分は水分なので、カロリーはそれほど多くありませんが、糖分や脂肪を多く含む果物もあり、これらには多くのカロリーが含まれています。

健康上の目標が何であるかに関係なく、食事に含まれるカロリー数を知ることは常に大切です。果物も例外ではありません。自分が摂取するカロリーを把握しないと、多くのカロリーを消費し、体脂肪を増やすなどさまざまな方法で健康を損なう可能性があります。

一部の果物には多くのカロリーが含まれていますが、食事からこれらの果物を取り除く必要があるという意味ではないことを改めて強調します。このタイプの果物には、複雑な病気の予防に不可欠な抗酸化植物栄養素が含まれているため、定期的に食べることは健康に良い影響を与えると考えられます。

それはあなたに興味があるかもしれません...
Fit PeopleRead it in Fit People
野菜と果物のジュースが減量に役立つってホント?

体重や肥満に悩み、体重を減らそうと努力している人は、ダイエットが簡単ではなことに気づくでしょう。そこで、バランスの良い健康的な食生活と運動を継続する人もいれば、即効性のあるダイエットに手を出す人もいます。今回は、ジュースをどのように減量に活用できるかどうかについてご紹介します。



  • Stone MS., Martyn L., Weaver CM., Potassium intake, bioavailability, hypertension and glucose control. Nutrients, 2016.
  • Abdelhamid AS., Brown TJ., Brainard JS., Biswas P., et al., Omega 3 fatty acids for the primary and secondary prevention of cardiovascular disease. Cochrane Database Syst Rev, 2018.