子供向けファンクショナルトレーニング:重要な考慮事項

ファンクショナルトレーニングによって、子供達の身体能力が向上する効果が期待できます。子供達の力を抑え込むのではなく、子供をサポートしてモチベーションを高めるように心がけましょう!
子供向けファンクショナルトレーニング:重要な考慮事項

最後の更新: 02 3月, 2021

柔軟性と多様な利点を持つファンクショナルトレーニングは、現在最も人気のあるトレーニング方法の1つです。このトレーニング方法は、日常生活の動きを模倣するという考えに基づいたトレーニングで、異なる多くの筋肉群を機能させる動きをトレーニングに取り入れています。

一般的に、ファンクショナルトレーニングを行う人のほとんどは18歳以上ですが、バリエーションとして、子供向けのファンクショナルトレーニングもあります。

子供向けのファンクショナルトレーニングが存在することを知って驚いた方もいるかもしれませんね!子供向けファンクショナルトレーニングという、ワクワクするような興味深いトレーニング方法について詳しく知りたい場合は、このままぜひ読み続けてください。

子供のためのファンクショナルトレーニング

ファンクショナルトレーニングは、個人のニーズに集中して働きかける、パーソナライズされたトレーニング方法として人気が高まっています。トレーニング計画は、それぞれのケースに応じて編成する必要があります。

このトレーニングが大きな成功を収めた秘訣は、ファンクショナルトレーニングと従来の様々なトレーニング、そしてエクササイズマシンとの違いなどがいくつかにあります。一般的に、ファンクショナルトレーニングは、人間の身体、つまり自重やいくつかの便利なアイテムを使用するだけで、特別な運動器具は必要ありません。

子供たちは、新しいスキルの学習に反応の良い重要な発達段階にあり、人生のこの段階において様々なことを容易に学びます。また子供達のすばらしい運動能力も例外ではありません。

ファンクショナルトレーニングは、子供たちが基本的な運動能力をはじめとするさまざまなスキルを向上させる助けとなります。ただし、以下の点にご注意ください。

子供のためのファンクショナルトレーニングの重要な闔閭事項

子供向けのファンクショナルトレーニングは、大人のトレーニングと同じように行うべきではありません。それはなぜなのでしょうか?

子供は、骨と筋肉の構造がまだ発達している段階です。そのため、トレーニングにおいては、子供が活発な時間を送ることを目的としますが、子供の身体、特に骨や筋肉を過度に行使させてはいけません。適切なバランスを保ち、オーバートレーニングを回避するには、強度レベルが適切であるかどうかを常に確認することが重要です。

子供向けファンクショナルトレーニング ゲームを取り入れる

ゲームと運動を組み合わせる

トレーニングが子供の興味を引かない場合は特に、子供たちの注意力や集中力は短い傾向があることを覚えておきましょう。大人でも退屈することがありますが、子供の場合はそれが顕著に現れる可能性があります。

この点に留意して、子供の注意を引く最良の方法の一つであるゲームを取り入れましょう。ファンクショナルトレーニングの実践と、想像力をかき立ててモチベーションが持続するロールプレイングゲームなどを組み合わせると、非常に価値のあるトレーニング時間になります。

子供と一緒にルーチンを行う

子供向けのファンクショナルトレーニングの利点の1つは、ルーチンを完全にパーソナライズできることです。これは、子供がどのようにエクササイズを実行するか、または強度を監視することだけがその目的ではなく、子供との信頼関係を高めるのにも役立ちます

トレーナーと子供が友情という絆を築くと、トレーニングはより楽しく有益な時間になります。この関係を強化する1つの方法は、どんな運動であっても、トレーナーが子供と一緒に運動ルーチンを行うことです。

使うアイテムを探す

従来のトレーニングとファンクショナルトレーニングの違いは、ファンクショナルトレーニングには専用の機械やその他の機器が必要ないことです。ただしこれは、ファンクショナルトレーニングで何かアイテムを使用できないという意味ではありません。アイテムを使うかどうかは、トレーニング計画の一環として行うそれぞれのエクササイズによって異なります。

子供向けのファンクショナルトレーニングでは、ボール、ロープ、コーンをはじめとする様々なアイテムを使用できます。子供の想像力を刺激し、トレーニングルーチーンを行いながら、さまざまな動きをすることを目的としています。

グループトレーニングを行う

子供向けファンクショナルトレーニング グループトレーニング

子供向けのファンクショナルトレーニングは、1対1または小さなグループで行う素晴らしいトレーニングです。どちらの方法にも利点があります。グループトレーニングでは、小さな子供たちが一般的に感じる競争心を活用することができるでしょう。

たとえば、子供たちは別の子供が上手にトレーニングを行うのを見て、その子供たちのステップなどを真似ようとします。これは大きなモチベーションになる可能性があります。子供たちがグループトレーニングを行う場合は、怪我をしないように、すべてのニーズとレベルに適したルーチンを作成することを忘れないでください。

子供向けのファンクショナルトレーニングで大切なのは子供を抑えないこと

すでに述べたように、子供たちは発達段階にあり、運動技能や能力を学ぶさまざまな方法や、自分の周囲の世界を体験することで成長する必要があります。この観点から考えると、子供向けのファンクショナルトレーニングは、専門家の監督下で行う限り、子供にとって非常に有益なトレーニングと言えるでしょう。

最後のアドバイスとして、同じ場所に両親も同席している場合は、いくつかのトレーニングセッションを親子で行うことをお勧めします。 これは、子供たちが幼い頃に感じる分離不安を軽減し、様々な恐怖を克服するのに役立ちます。 もちろん、子供の成長や能力の向上などを制限することなく、しかしゆっくりと実践するのがよいでしょう。

それはあなたに興味があるかもしれません...
子供へのコーチングに欠かせない10のキーポイント
Fit PeopleRead it in Fit People
子供へのコーチングに欠かせない10のキーポイント

子供のスポーツトレーニングとそのコーチングにおいて、明確な規則を設定することが大切です。子供のスポーツコーチは、スポーツを教えるだけでなく、子供に大切な「教育」を行う立場でもあるため、その役割はとても複雑です。子供にとってのスポーツは、社会参加の場であり、人間関係やチームにおける規則を学ぶ活動でもあります。



  • Michael Boyle. (2019). El entrenamiento funcional aplicado a los deportes. In Journal of Chemical Information and Modeling.
  • Física, comité de M. del D. y de A. (2001). Entrenamiento de fuerza en niños y adolescentes. Academia Americana de Pediatría.
  • Cappa, D. F. (2008). Entrenamiento de sobrecarga en niños. In Archivos de Medicina del Deporte.
  • Avaria Benapres, M. de los A. (1999). Desarrollo psicomotor. Rev. Chil. Pediatr.